英会話教室比較ランキング|おすすめの子供英会話教室の比較・評判

 当サイトの英会話教室比較とおすすめランキング!

子供英会話教室の可能性

 子供には将来のことを考えて、今のうちからできるだけ多くのことを学び、知識をつけてもらうようにしなくてはなりません。
 大きくなってから学ぶのには限界があるかもしれませんが、子供の頃であれば将来が開ける可能性は無限大にあります。
 特におすすめの事としては、英会話教室に通うことです。
 英会話教室は、国際化にあたりどんどん増えてきていますので、どこを選べばいいのか迷うほどでしょう。

子供英会話教室のポイント

 英会話教室を選ぶときのポイントは、少人数制かどうかという点があります。
 少人数とはいっても、8人程度のクラスもあれば、3人程度のクラスもあるでしょう。
 出来れば少なければ少ないほど身に付きやすくなりますので、少人数かどうかを確認しなくてはなりません。

少人数の英会話教室のメリット

 少人数のメリットは質問をしやすい点にあります。
 大人数の場合は、たくさんの子が質問をすれば、消極的な子供は質問をすることが出来ずに終わってしまうことになります。
 小人数であれば、他の子供が質問をしていたとしても、消極的な子供も質問をしやすい雰囲気がありますので、わからないところをそのままにしておくこともないでしょう。
 少人数のメリットは他にもあり、アウトプットをしやすい点にあります。
しっかり口に出して会話をしていく事によって、自分の発音がどんな風になっているかを確認することもできますし、頭にも入りやすくなってくるからです。

少人数の英会話教室の費用

 少人数の英会話教室は比較的費用が高い傾向がありますが、いくら安くてもまったく身につかない英会話教室に通っても意味がありません。
 費用が高かったとしても、しっかりと身につく英会話教室であれば、お金を支払う価値は十分にあるでしょう。
 英会話教室に入会する前には、必ず子供と一緒に体験教室で試してみることです。
 その時の子供の反応を見ることによって、我が子に向いている英会話教室化を判断することが出来ますので、親も教室に入って確認できる体験教室であれば、判断をしやすくなるでしょう。

英会話教室の比較

 英会話教室に通うなら、必ずしておきたいのが比較です。
比較し最適な英会話教室を選び通うことによって、英会話は上達することができます。
 比較するときのポイントとしては、英会話教室の特徴を知ることです。
 英会話教室によって、レッスン形態やカリキュラムの内容、講師の国籍、料金や支払い方法、解約方法などが違います。

英会話教室の形態

 たとえばレッスン形態は、大きく分けるとマンツーマン制とクラス制の2種類です。

マンツーマン制の英会話教室

 マンツーマン制だと講師と二人きりで教えてもらえるので、疑問点も気軽に質問できます。
 しかし、常に講師と二人きりだと緊張しますし、料金もクラス制に比べて高いです。

クラス制の英会話教室

 クラス制の英会話教室は料金が安いので費用をかけたくない人にはおすすめですが、周囲の目が気になるので初心者は萎縮しがちです。
 疑問点があっても講師に質問しにくく、上達の妨げになることもあります。

英会話教室のメリット・デメリット

 レッスン形態一つとっても、メリットとデメリットが存在しています。
さらにレッスン形態だけでなく、カリキュラムの内容や日本人講師と外国人講師でもメリットとデメリットには違いがあるので、比較するポイントは様々です。
 英会話教室を比較するとき、それぞれのメリットとデメリットを考えながら、自分に合うタイプを選ぶようにしましょう。

英会話教室に通う目的

 英会話教室の比較では、目的をハッキリさせておくことが大切です。
そもそも英会話を習う人は、それぞれで目的が違います。
 仕事で外国人とやり取りをすることが多い方は、ビジネス英会話を選ぶ必要がありますし、海外旅行に行くために英会話を習いたい方なら、日常会話を中心としてカリキュラムです。
 英会話教室のコースと自分の目的が一致しなければ、英会話を学んでも役に立てることはできません。
 ですから、まず始めに英会話を学ぶ目的を明確化して、その目的を達成できる英会話教室をピックアップするのがおすすめです。
 ピックアップした中から、自分に最適なところを比較して決めましょう。

英語への憧れ

 英語を話せるようになることは憧れです。
 子供が生まれると習い事を色々と考えます。そこで英会話教室に子供を通わせている家庭は年々増えています。
 乳幼児から英語に触れさせたいと、小さいうちから教室に通わせている方も増えました。英会話教室といっても色々なところがあって迷います。

英会話教室に通う時期

 英語学習開始の低年齢化が加速しています。
 少し前には小学校高学年から英語授業を取り入れようという声が出たばかりですが、最近では小学一年生から始めるべきとの声まで聞こえるようになりました。
 そんな影響もあり、今はまさに子供向けの英会話教室が熱いと言われているのです。

人気の英会話教室ランキング

 人気のおすすめの英会話教室のランキング

1位:セイハ英語学院

 この教室は大型ショッピングセンターの中にありよく見かけます。
 全国に470か所以上の教室を運営しています。
 月謝は8000円程で決して安いとは言えませんが、少人数制です。一回45分です。
 外国人講師と日本人講師が交代でレッスンをします。外国人講師と触れ合えるのが人気です。きちんと日本人講師が通訳してくれるので英語をきちんと理解する事ができます。
 遊びを取り入れながら英語を覚えることができるので、小さな子供でも飽きることなくレッスンを受けることができます。振替レッスンもあるので休んでしまってもレッスン料が無駄になりません。

2位:ECCジュニア

 テレビCMでもおなじみで知名度がある教室です。月謝は6000円程で安いです。クラスは12人で多めになっています。一回40分のレッスンで、教材がとても充実しています。振替レッスンはありません。

3位:イーオン

 月謝は10,000円程です。一回45分のレッスンです。
 3才までは親子一緒のレッスンになります。他に比べて費用が高くなっています。

4位:ヤマハ英語教室

 グループレッスンで音楽や歌を取り入れながら行うのが特徴です。月謝は7000円程ですが、別に施設費がかかります。音楽に合わせて英語を覚えていくので子供が楽しめます。

5位:ベネッセ

 知名度の高い通信教育のベネッセが運営しています。月謝は6000円程で一回50分と長めになっています。クラスの生徒は10人です。振替レッスンはありませんが大手の通信教育の会社ということもあり教材がとても充実しています。

英会話教室の費用

 英語を学ぶには継続して通う必要がありますから、そうなると気になるのが英会話教室の費用です。
 各教室それぞれに金額の差はあるものの、大体の相場を把握しておけば余計な出費も避けられることでしょう。

英会話教室の費用比較

  1. 大多数の英会話教室
     まず大多数の英会話教室では、子供向けコースの費用を月6,000円から8,000円に設定しています。
     これは保育園児や幼稚園児、小学生といったどの世代の子供たちに対しても同額程度です。ですから基本は平均7,000円くらいが基準と思っていいでしょう。
     ところが実際に英会話教室に通うとなると、入会金や教材費も掛かるようになります。特に初月に関してはまとまった費用を求められる可能性が高いですので、注意をしておきましょう。
    1. 入会費
       入会費については会社によってピンキリな状態です。たとえばKUMONやキッズスターイングリッシュは、入会金が無料なことで有名です。
       一方、ベネッセやECCジュニアなら5400円、イーオンのこども英会話なら10,800円という金額です。
       大手会社でもここまでの差があるわけですから、英会話教室の中身と合わせて慎重に選ぶべきです。

英会話教室の費用を安くする方法

  1. キャンペーンの利用
     少しでも費用を抑えてかつ失敗のない英会話教室を見つけるには、各教室のキャンペーンを積極的にチェックしてください。
     中でも多くの会社で展開されているのが、無料体験レッスンです。
     回数は1回限りのところから数十回できるところまで色々あるものの、先生の印象や教室の雰囲気を掴むのには打ってつけです。
     教室や先生の比較をする上でも最も重要なことです。
     子供がしっかりと通い続けられる環境を、見つけてあげましょう。
  2. キャッシュバックの利用
     お得なキャッシュバックを実施する英会話教室も沢山あります。
     これにはWebから申し込むと入会金が半額といったものや、資料請求をすると1レッスン分のチケットが貰えるなどの内容があります。
     こうしたことにも注目しておくと、より英会話教室の費用を抑えることができるでしょう。