国税徴収法の特徴

 国税徴収法は、国税の滞納処分その他の徴収に関する手続の執行について必要な事項を定め、私法秩序との調整を図りつつ、国民の納税義務の適正な実現を通じて国税収入を確保することを目的とされています。
 つまり、申告された国税が納付されなかった場合などに、強制徴収するための手続きの定めなどが中心です。 

 また、試験には民法の知識を前提とするものがあり、国税通則法の一部の内容も含まれてます。受験予備校ではいずれも「国税徴収法」の試験に必要な部分は講義等を通じて学習します。

国税徴収法の攻略法

 試験は、理論が中心に出題されます。

国税徴収法の理論

 理論は、事例形式で与えられ、その取扱いについて説明を記述される出題が多く、国税徴収法の規定の丸暗記だけではなく、理解が求められる問題となっています。
 近年、趣旨や手続き理由等も出題されています。

国税徴収法の計算

 計算は、配当計算や給料の差押禁止額の計算などが出題されることがあります。

 数年連続して出題されないこともありますが、逆に数年連続して出題されることもあるため、出題される前提での学習が必要です。

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
    国税徴収法(TAC直前対策講座)
  2. 資格の大原の直前対策講座