資格の学校TACの税理士試験|固定資産税法の直前対策講座

 固定資産税法の未出題論点・応用理論対策もしっかり押さえて本試験に臨む。

固定資産税法の近年本試験のポイントは未出題論点と応用理論対策。そこで、直前期の講義では、

  1. 過去の本試験での未出題の論点のうち、出題が予想される論点
  2. 過去の本試験での既出題の論点のうち、応用理論の練習になる問題
    を中心に学習することになります。

 当然、直前期までに学習した固定資産税法の内容が出題の中心であり、これらなくして合格はありませんが、近年の本試験では未出題論点や応用理論の対応力も重要であり、これらを直前期に講義を通じて身につけることになります。

 また、全6回の答練では、難易度及びボリュームの異なる様々な問題を提供することにで2時間という時間の中で合格答案を作成するためのテクニックを磨く事になります。
 特に、固定資産税は時間との戦いになることが多い科目であり、制限時間で他の受験生より多くの得点を取ることが重要ですが、これらを直前期の答練を通じで養うことになります。講義・答練どちらも合格には欠かすことができないものです。税理士の学校TAC講師陣が全力で臨むこれらの教材及び講義で、ぜひとも合格を勝ち取りましょう。

TACの直前対策講座

・→ 資格の学校TACの直前対策講座

  1. 簿記論(TAC直前対策講座)
  2. 財務諸表論(TAC直前対策講座)
  3. 法人税法(TAC直前対策講座)
  4. 所得税法(TAC直前対策講座)
  5. 消費税法(TAC直前対策講座)
  6. 相続税法(TAC直前対策講座)
  7. 酒税法(TAC直前対策講座)
  8. 事業税法(TAC直前対策講座)
  9. 住民税法(TAC直前対策講座)
  10. 国税徴収法(TAC直前対策講座)
  11. 固定資産税法(TAC直前対策講座)

(参考)
・→ 資格の大原の直前対策講座