資格試験のロゴ

中小企業診断士の学校・受験予備校(専門学校)おすすめランキング

当サイトの中小企業診断士試験の学校(受験予備校・専門学校)おすすめランキング!

[check] 人気のおすすめ通学講座(+通信教育講座)
 下記の学校は資格の総合スクールで、中小企業診断士試験の講座が開講されています。
1.資格の学校TAC<中小企業診断士>
2.資格の大原<中小企業診断士>
3.資格スクール大栄<中小企業診断士>

[check] 人気のおすすめ通信教育講座
 通勤講座とクレアールの中小企業診断士講座は通信教育に特化し、受講費用が低価格の設定となっています。(10月現在)そのため、独学で勉強する人にもおすすめです。
1.通勤講座<中小企業診断士>
2.クレアール<中小企業診断士>

<低価格> 通信教育に特化することで受験業界の常識を覆す低価格の設定!

  • 【通勤講座】<中小企業診断士講座>
     中小企業診断士講座の革命
     通勤・通学の隙間時間を有効利用するために作られた講座。月々2,906円~の分割払いでの受講ができ、通勤時間などのスキマ時間にスマホでも勉強できるのが通勤講座の人気のポイント!
     1次2次合格コースが開講中です。過去に通勤講座を受けたことがある方など向けのスキルアップ割引もあります。
     中小企業診断士の通勤講座についての詳細 →通勤講座
  • 【クレアール】<中小企業診断士講座>
     退職者割・シニア割(55歳以上)・リベンジ割など多数の割引やパンフレット取得による割引クーポンなどの期間限定割引がそろっています。

 合格者のほとんどは受験予備校の通学講座や通信講座を利用して合格していますので、学校で習った問題が試験に出題された場合は確実に解答しないと合格は難しいと言えるでしょう。逆に、大手の学校で習わない問題が出たとしても合否に与える影響は少ないと思われます。

各学校の中小企業診断士講座のコース比較

 中小企業診断士試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。自分の生活スタイルにあったコースを選択しましょう。

 下記においてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも入門コースや先取りコースなど学校により様々なコースが開講されています。
 また、受験レベルにより選択できるコースが異なります。
 詳しくは各学校のパンフレットの資料請求により確認をお願いします。

[check]2018年合格目標コース発表!
 各学校で2018年受験向けの講座が開校されます。
 2018年受験向けの各種コースのパンフレットが各校で入手できるようになりました。
 早期申込みで大幅に割引になる早期割引制度(講座自体の割引のほかWebフォローなどオプションも大幅割引になるものがあります。)や特別講座などが開校されますので、詳しくはパンフレットでご確認ください。



[check] パンフレットの請求先(無料)
 下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。
 中小企業診断士受験学校のパンフレットが一括して請求できるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込みできます。
【通信講座】
1.通勤講座<中小企業診断士>(※パンフレットではなくお試しの無料視聴講座)
2.クレアール<中小企業診断士>
【通学講座】(+通信講座)
1.資格の学校TAC<中小企業診断士>
2..資格の大原<中小企業診断士>
3.資格スクール大栄<中小企業診断士>

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)クレアールのパンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。


中小企業診断士のおすすめの学校を比較

 中小企業診断士資格の受験勉強で資格の学校に通うことを考えた場合、まず数多くある学校からどこに通うのかを選ばなければいけません。
 この時、どのようにして選ぶのかで迷った時に大切なことは、中小企業診断士学校の比較ポイントを知っておくこととなります。

  1. 合格率
     まず一番大切なことは合格率です。
     合格者をたくさん輩出しているということは、それだけ中小企業診断士資格試験に対するノウハウを持っていることに他なりませんので、合格率の比較は学校選びで外せないポイントといえます。
  2. 講師陣の評判
     次に講師陣の評判です。
     合格率が高くても講師が冷たい、事務的などの評判が多いところは少し問題です。
     そうした学校は適度な距離を持って授業が行われているという面もありますが、質問がしづらい雰囲気である可能性もありますので資格勉強ではマイナスといえるでしょう。
  3. 費用
     料金面も講座を選択する際の大切な比較ポイントです。大切なことは、単純な安さではなく授業料の中に何が含まれているのかです。
     一見高く見えても、テキストや進捗度に合わせた定期試験、問題集、過去問集、模試代、二次試験対策など全てが含まれての料金であれば、他と比べて安価となる場合もありますのでしっかり確認しましょう。
     講座費用の金額で圧倒的に差をつけているのは通勤講座とクレアール。かなり安い金額での受講が可能です。通信教育限定の講座とすることで価格をかなり抑えライバル校の約半額の価格設定となっております。
     各学校とも早割やセット申し込みにすることで割引価格になる場合があります。
     さらに、後述のとおり優待券や教育訓練給付金を使えば10~30%安くすることもできる場合がありますので、パンフレット等でご確認をお願いします。
  4. その他
     その他に通いやすさや補講システムの充実度なども比較のポイントとなります。
    このように中小企業診断士の学校を選ぶ際には、様々な観点から比較することが重要なのです。


中小企業診断士の学校

 中小企業診断士になるための国家試験は独学でも突破することが可能ですが、専門の学校では試験対策や効率的な勉強方法などが学べるようになっています。
 中小企業診断士の学校は東京、大阪、名古屋、福岡等の都市圏を中心に複数存在していますが、高校受験や大学受験のための勉強を教える一般的な予備校に比べるとその数は圧倒的に少ないので、入学するにしても選択肢があまり多くないと言えます。
 とはいえやはり学校ごとに授業料や授業内容の質などに差がありますので、学校に入学する前におすすめの学校を調べることが好ましいでしょう。
 中小企業診断士の学校の中でどこでおすすめなのかを確認できる情報はインターネット上に多々存在していますので、情報収集はウェブ上で実施することができますが、最終的は学校のパンフレットで確認したり、足を運んでみるのもよいでしょう。

「資格の学校TAC(Wセミナー)」のおすすめコースの比較

 通学・通信両方の講座があります。各資格を取り扱う大手の学校だけあって、豊富なコース・環境が整っています。法律系に強いWセミナーからの事業譲渡によりさらにパワーアップしています。
 通学講座や通信講座など自分の生活スタイルに合わせたコースを選択をすることで無理なく学習ができます。

1次対策+2次対策

  • 1・2次上級本科生
    • INPUT
       最大36回(1次)+12回(2次)
    • OUTPUT
       最大21回(1次)+16回(2次)
    • 公開模試
       3回(1次・2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       24事例
    • おすすめの受講対象
       1次対策を重視したい方で、次のいずれかにあてはまる方におすすめです。
       ①2016年1次試験に科目合格できなかった方。
       ②2016年1次試験で1~4科目合格されている方。
       ③2016年1次試験は受験していないが、過去に1次試験を受験したことがある方。
  • 1・2次上級本科生+科目により1次単科生(基本編)
    • INPUT
       最大85回(1次)+12回(2次)
    • OUTPUT
       最大28回(1次)+16回(2次)
    • 公開模試
       3回(1次・2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       24事例
    • おすすめの受講対象
       1次対策を重視したい方で、かつ、初学者向けのレベルの知識も補充したい方で、次のいずれかにあてはまる方におすすめです。
       ①2016年1次試験に科目合格できなかった方。
       ②2016年1次試験で1~4科目合格されている方。
       ③2016年1次試験は受験していないが、過去に1次試験を受験したことがある方。
  • 2次本科生+科目により1次上級単科生(応用+直前編)or1次単科生(基本+直前編)
    • INPUT
       最大77回(1次)+14回(2次)
    • OUTPUT
       最大21回(1次)+32回(2次)
    • 公開模試
       2回(1次・2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       36事例
    • おすすめの受講対象
       1次対策、かつ、2次対策のINPUT(知識補充)・OUTPUT(問題演習)の両方を重視したい方で、次のいずれかにあてはまる方におすすめです。
       ①2016年1次試験で5~6科目合格されている方。
       ③2016年1次試験は受験していないが、過去に1次試験を合格したことがある方。
  • 2次演習本科生+科目により1次上級単科生(応用+直前編)or1次単科生(基本+直前編)
    • INPUT
       最大77回(1次)+2回(2次)
    • OUTPUT
       最大21回(1次)+20回(2次)
    • 公開模試
       2回(1次・2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       24事例
    • おすすめの受講対象
       1次対策、かつ、2次対策のOUTPUT(問題演習)を重視したい方で、次のいずれかにあてはまる方におすすめです。
       ①2016年1次試験で5~6科目合格されている方。
       ③2016年1次試験は受験していないが、過去に1次試験を合格したことがある方。

2次対策

  • 2次本科生
    • INPUT
       14回(2次)
    • OUTPUT
       32回(2次)
    • 公開模試
       2回(2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       36事例
    • おすすめの受講対象
       2次対策のINOUT(知識補充)・OUTPUT(問題演習)の両方を重視したい方。
  • 2次演習本科生
    • INPUT
       2回(2次)
    • OUTPUT
       20回(2次)
    • 公開模試
       2回(2次実力チェック・2次)
    • 80分事例演習問題数
       24事例
    • おすすめの受講対象
       2次対策のINOUT(知識補充)が一通り終わっている方で、OUTPUT(問題演習)を重視したい方におすすめです。

おすすめポイント

  1. 基本テキスト
     専任講師による「教材作成チーム」により毎年改訂が行われています。法改正対応のほか、関係省庁・公的機関の発信情報もいち早く反映させています。
  2. トレーニング
     A5判で携帯しやすいコンパクトサイズなので、通勤・通学時間も無駄になりません!
  3. 選べる学習メディア&フォロー
     教室講座・個別DVD講座・Web通信講座が充実しており、教室講座を欠席した時も音声フォローやWebフォローで次回講義に遅れずついていくことができます。(講座により無料の場合と有料の場合あります。また、校舎により早期申込で無料になることもあります。)

「資格の学校TAC」の通学講座

北海道札幌市「札幌校」、宮城県仙台市「仙台校」、東京都「水道橋校・新宿校・早稲田校・池袋校・渋谷校・八重洲校・立川校・中央駅前校・町田校」、神奈川県横浜市「横浜校・日吉校」、埼玉県大宮市「大宮校」、千葉県習志野市「津田沼校」、栃木県宇都宮市「宇都宮校(提携校)」、群馬県前橋市「群馬校(提携校)」、愛知県名古屋市「名古屋校」、長野県松本市「松本高(提携校)」、富山県富山市「富山校(提携校)」、石川県金沢市「金沢校(提携校)」、京都府京都市「京都校」、大阪府大阪市「梅田校・なんば校」、兵庫県神戸市「神戸校」、広島県広島市・福山市「広島校・福山校(提携校)」、岡山県岡山市「岡山校(提携校)」、香川県高松市「高松校(提携校)」、徳島県徳島市「徳島校(提携校)」、福岡県福岡市・北九州市「福岡校・小倉校(提携校)」、大分県大分市「大分校(提携校)」、熊本県熊本市「熊本校(提携校)」、宮崎県宮崎市「宮崎校(提携校)」、鹿児島県鹿児島市「鹿児島校(提携校)」、沖縄県那覇市「沖縄校(提携校)」

「資格の学校TAC」の中小企業診断士の通信講座(通信教育)

 資格の学校TACの中小企業診断士講座では、WEB通信講座、DVD通信講座、音声ダウンロード通信講座などの通信教育講座も充実しており、WEBで申込みができます。
WEB通信講座はiPadなどのタブレットでも受講できます。
学校へ通えない人におすすめです。



TACの中小企業診断士講座の受講費用を10%~30%安くする裏ワザあり!(下記で解説しています。)

パンフレット請求(無料)はこちら
→ 資格の学校TAC<中小企業診断士>

「資格の大原」のおすすめコースの比較

 大原は、TACと同じように通学・通信ともに資格受験に強い学校です。
簿記の学校として長い歴史があることで有名ですが、多くの資格講座があり、高い合格率に裏付けされた確かな実績を持つ学校の1つです。
 自分の学習レベルに合った内容は各コースから、生活スタイルに適した勉強方法は通学・通信からそれぞれ選択して、無理なく勉強を進めることができます。

1次対策+2次対策

  • 1次・2次ストレート合格コース
    • カリキュラム
       全98回+公開模試2回(1次・2次 各1回)
    • 開校時期
       9月・10月
    • INPUT
       最大1次2次の合計61回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前・過去問答練など)
       最大1次2次の合計37回
    • 公開模試
       2回(1次・2次 各1回)
    • おすすめの受講対象
       1.初めて受験する方で1次・2次試験をストレート合格したい方におすすめです。
       2.基礎の学習から無理なく着実に学習を進めたい方におすすめです。
  • 1.5年ストレート合格コースWチャンス
     2017年8月の1次試験(1回目の試験)で4科目、3科目、2科目合格を目指し、受験後は上記の1次・2次ストレート合格コースに進むことで、2018年8月の1次試験(2回目の試験)とその後の2次試験の合格を目指すコースです。
     1次試験を2回チャレンジすることで、確実に1.5年間で資格取得ができるように作成されたコースです。
    • 受講開始時期によって初年度にチェレンジする科目数は選べます。
      • 1月~3月スタート  初年度4科目
      • 2月~4月スタート  初年度3科目
      • 3月~4月スタート  初年度2科目
    • 全19回~40回+1次・2次ストレート合格コース
       INPUT・OUTPUTともに各科目数によって異なりますので、パンフレットでご確認ください。
  • おすすめの受験対象
     1.勉強時間の確保ができるメリットを活かして、早期から1次対策を行いたい方におすすめです。
     2.初年度に2次試験と関連性の低い科目を、2年目に2次試験と関連性の高い科目を勉強したい方におすすめです。
     3.勉強開始時期を選びたい方におすすめです。
  • 1次・2次速習ストレート合格コース
    • カリキュラム
       全80回+公開模試2回(1次・2次 各1回)
    • 開校時期
       11月~1月
    • INPUT
       最大1次2次の合計61回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前・過去問答練など)
       最大1次2次の合計33回(うち14回は自宅学習)
    • 公開模試
       2回(1次・2次 各1回)
    • おすすめの受講対象
       1.初めて受験する方で1次・2次試験をストレート合格したい方におすすめです。
       2.最も短期間で効率的に学習したいと考えている方におすすめです。

1次対策

  • 1次対策コース
    • カリキュラム
       全80回+公開模試1回
    • 開校時期
       9月10月
    • INPUT
       最大59回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前答練など)
       最大21回
    • 公開模試
       1回
    • おすすめの受講対象
       初めて受験する方でまずは1次試験の突破を目標にしたい方におすすめです。
  • 上級1次対策合格コース
    • カリキュラム
       全49回+公開模試1回
    • 開校時期
       9月~11月
    • INPUT
       最大28回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前答練など)
       最大21回
    • 公開模試
       1回
    • おすすめの受講対象
       1.受験経験のある方でまずは1次試験の突破を目標にしたい方におすすめです。
       ※ 1次科目別講座もあります。

2次対策

  • 上級2次合格コース
    • カリキュラム
       全56回+実力判定模試1回+公開模試1回
    • 開校時期
       1月2月
    • INPUT
       最大32回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前答練など)
       最大24回
    • 模試
       2回
    • おすすめの受講対象
       1.1次試験を合格された方または1次試験の残り科目が1~2科目の方におすすめです。
  • 上級2次答練コース
    • カリキュラム
       全20回+実力判定模試1回+公開模試1回
    • 開校時期
       3月4月
    • INPUT
       最大4回
    • OUTPUT(基礎・応用・直前答練など)
       最大16回
    • 模試
       2回
    • おすすめの受講対象
       1.1次試験を合格された方または1次試験の残り科目が1~3科目の方。
       2.OUTPUTを中心に勉強したい方におすすめです。
       ※ 上記ほかにも各種コースが設定されています。

「資格の大原」の通学講座

  • 北海道・東北
    • 札幌校・函館校・盛岡校・仙台校
  • 関東・信越
    • 東京水道橋校・池袋校・早稲田校・新宿校・飯田橋校・渋谷校(平成29年8月閉校予定)・町田校・立川校・中大駅前校・横浜校・相模大野教室・日吉校・千葉校・津田沼校・柏校・水戸校・大宮校・草加教室・宇都宮校・高崎高・新潟校・長野校・松本校
  • 東海・北陸
    • 富山校・金沢校・福井校・名古屋校・津校・岐阜校・浜松校・静岡校・沼津校
  • 関西・四国
    • 大阪校(新大阪)・難波校・梅田校・梅田校ライセンススクエア・神戸校・京都校・和歌山校・姫路校・愛媛校
  • 九州・沖縄
    • 福岡校・小倉校・大分校・宮崎校・沖縄校

「資格の大原」の中小企業診断士の通信講座(通信教育)

 資格の大原の中小企業診断士講座では、WEB通信講座、DVD通信講座も充実しています。WEBで申し込みもできます。WEB通信講座は、スマフォやタブレットでも受講可能で、学校に通えない方におすすめです。

 ※一部の講座を除き教育訓練給付制度が利用できます。
 利用すると受講費用の20%(最大10万円)がハローワークから支給されます。
同じ科目、同じ講座でも校舎により使用できる場合とできない場合がありますので、各学校のパンフレットでの確認をお願い致します。
 ※再受講割引30%、再受験割引20%、簿記ネクスト割引5%などお得になる受講料割引制度がありますのでパンフレットで確認をお願い致します。


「通勤講座」のおすすめコースの比較

 スキマ時間を使っての勉強の人は通勤講座!!「資格を取りたいけど、忙しくて。。」という人におすすめです。

  • 1次2次合格コース 問題集・過去問講座つきセット
     「1次2次合格コース基本セット」に、通勤問題集に加えて、過去問セレクト講座が追加されたコースです。本コースによりインプット学習からアウトプット学習までをスムーズに行えます。ストレート合格を目指す方に、最もおすすめするコースです。



「通勤講座」の無料視聴はこちら
→ 通勤講座<中小企業診断士>

「クレアール」のおすすめコースの比較

 クレアールは通信講座に特化した学校です。その為、通学講座のある学校にくらべ費用は安く設定されています。他校の受講費用を圧倒的に下回る価格設定となっているほか、期間限定でクーポンや割引が適用されます。(パンフレットを取り寄せることで入手できます。)
 仕事や家事で忙しい方にとっては、スキマ時間を上手に活用して勉強ができると人気の学校です。

1.1次対策+2次対策

1次2次ストレート合格セーフティコース(2年間)

  • INPUT+OUTPUT
    203回~369回(1次と2次の合計)
  • コースの特徴
    2年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1年目より1次対策と2次対策を同時進行します。
    合格までの期間を当初より2年間と設定することで、気持ちと時間に余裕をもって勉強に取り組めるようになっています。
    1次試験科目合格又は、1年目2次試験合格でお祝い金の進呈があり、受験料を学校側が負担してくれるなど費用面でのサポートも充実しています。
  • おすすめの受講対象
    初学者で十分な学習時間の確保に不安のある方
    2年間で確実に合格をしたい方
    とにかく安い受講料で勉強をしたい方

1次2次ストレート合格スタンダードコース(1年間)

  • INPUT+OUTPUT
    203回(1次と2次の合計)
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1年間1次対策と2次対策を同時進行します。
    合格までの期間を1年間と設定し、短期集中型のカリキュラムに沿って勉強します。
    試験合格でお祝い金の進呈があります。
  • おすすめの受講対象
    初学者でも十分合格が狙えるカリキュラムで短期集中して勉強したい方。
    1年間で確実に合格をしたい方
    とにかく安い受講料で勉強をしたい方

1次2次ストレート合格アドバンスコース(1年間)

  • INPUT+OUTPUT
    166回(1次と2次の合計)
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1年間1次対策と2次対策を同時進行します。
    合格までの期間を1年間と設定し、短期集中型のカリキュラムに沿って勉強します。
    試験合格でお祝い金の進呈があります。
  • おすすめの受講対象
    受験経験者、独学での学習経験者でOUTPUTに重点をおいた勉強をしたい方。
    1年間で確実に合格をしたい方
    とにかく安い受講料で勉強をしたい方

2.1次対策

1次完全合格コース

  • INPUT+OUTPUT
    165回
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1次試験合格までを目指すコースです。
  • おすすめの受講対象
    初学者でまずは確実に時間をかけて1次試験の合格を目指した方、ビジネスシーン全般の知識を身につけたい方、とにかく安い受講料で勉強をしたい方におすすめです。

1次上級合格コース

  • INPUT+OUTPUT
    89回
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1次試験合格までを目指すコースです。
  • おすすめの受講対象
    受験経験者、独学での学習経験者でOUTPUTに重点をおいた勉強をしたい方、1年間で確実に合格をしたい方、とにかく安い受講料で勉強をしたい方におすすめです。

3.2次対策

2次完全合格コース

  • INPUT+OUTPUT
    77回
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1年間で2次試験合格を目指すコースです。
  • おすすめの受講対象
    1次試験合格者又は2次試験経験者、専門的な知識と技術を身につけたい方、基礎知識の習得から豊富な事例演習により1年間で確実に合格をしたい方、とにかく安い受講料で勉強をしたい方におすすめです。

2次上級合格コース

  • INPUT+OUTPUT
    55回
  • コースの特徴
    1年間のサポート体制を備えたコースとなっています。
    1年間で2次試験合格を目指すコースです。
  • おすすめの受講対象
    1次試験合格者又は2次試験経験者でINPUTが完了しているため、過去問やOUTPUTを中心に学習したい方、1年間で確実に合格をしたい方、とにかく安い受講料で勉強をしたい方におすすめです。

 ※その他、各基本コースや答練パック、直前対策パックなどもありますので自分のレベルに合わせてコースを選択することができます。

「クレアール」のおすすめポイント

 クレアールが人気のポイントは3つ!
①本試験分析 ②学習範囲の「選択と集中」 ③重要論点の反復

①本試験分析・・・高得点を取るための勉強ではなく、合格のための勉強を行う!
 中小企業診断士試験の過去問題を徹底的に分析し、出題傾向の徹底検証による膨大な情報ストックから解析した「合格必要得点範囲」を絞り込むことで、合格に必要な点数を狙います。
②学習範囲の「選択と集中」・・・非常識合格法による学習
 絞り込んだ「合格得点範囲」をテーマ別・レベル別にセル単元化した「ターゲット論点」として再編成し、ここにかりにゅらむ・講義。教材のすべてを集約。学習上の「選択と集中」「傾斜配分」を可能にし、学習の自己最適化を図ります。
③重要論点の反復・・・記憶の定着サイクルの早期化によりシナジー効果を発揮
 中小企業診断士試験の合否に左右する重要論点は、反復学習の機会を増やし、頻出論点で失点しないよう目標得点の確度を極限まで向上させます。記述式対策(2次)は択一式対策(1次)との並行学習で早期にシナジー効果(1次2次連立合格方程式)が発揮します。



パンフレット請求(無料)はこちら
→ クレアール<中小企業診断士>
(追記)クレアールのパンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。


中小企業診断士試験のための学校費用を安くする方法

 TACや大原など大手の受験予備校の受講料の定価はほとんど変わりません。(キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、パンフレットを入手してご確認ください。)

受講費用が安くなる裏ワザ①

 TACは東証1部に上場企業ですが、なんと・・・
 TACの株主優待は、受講料10%オフの株主優待券です!
 ということは、株主になれば、株主優待券を入手できることになります。

 しかし、株主にならなくても「チケットショップ TAC 優待券」などとWEBで検索すると数百円で入手できる場合もあります。ヤフオクでもよく出品されているようです。

 使用の可否、使い方などを必ずTACにご確認ください。
 通信講座の場合は、WEB申し込みでは優待券が使えませんので、パンフレットを入手し、郵送での手続き(その際優待券を添付)が必要となります。

受講費用が安くなる裏ワザ②

 TACや大原の講座は一部の講座を除き一般教育訓練給付制度が利用できます。
利用すると受講費用の20%(最大10万円)がハローワークから支給されます。

 同じ科目、同じ講座でも校舎により使用できる場合とできない場合がありますので、各学校のパンフレットでの確認をお願い致します。

※詳細は、各学校のページで解説がされています。
(参考)TAC(一般教育訓練給付制度について)

[check] 受講費用が安くなる裏ワザ③
 パンフレットを請求すると割引になる申込方法がある場合やクレアールのように割引クーポンが入っている場合があります。


中小企業診断士とは

 中小企業診断士とは文字通り中小企業の経営診断を行なう専門家のことを指します。中小企業支援法に基づく国家試験に合格した方が資格保持者として中小企業診断士を名乗ることが可能となっており、同時に中小企業診断士としての業務を行なえるようになっています。

 中小企業診断士は、日本経済を支えている中小企業へ経営アドバイスを行う専門職です。国家資格として世間一般に広く知られており、顧問をしている企業では先生と呼ばれる立場で、社長などの重要なポジションの役員などに対して経営コンサルティングを行っています。

 また、中小企業診断士を募集している企業や業者などもネットで調べられるようになっています。

 中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門です。
 法律上の国家資格として「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

 中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断および経営に関する助言を受けるためにあたり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。
 中小企業診断士は、経営コンサルタントとして唯一の国家資格と言えるでしょう。

中小企業診断士の役割

 総合的に経営を分析し、改善提案を行う中小企業診断士の学習に、ビジネスパーソンとして無駄な知識は一つもありません。
 中小企業診断士は、企業の戦略策定、財務分析、マーケティングに関する知識だけではなく、プレゼンテーション能力も身に付きます。また、経営者の視点から広い視野で業務をとらえることができる能力は、営業や企画、システムといった職種を問わず、マネージャーを目指す全ての方にとって必要なものです。

中小企業診断士の試験科目の特徴

 中小企業診断士の試験科目には、現代企業が必要とする主要な専門的知識・技能を問うものが挙げられています。

  1. 1次試験(7科目)
    1. 経済学・経済政策
    2. 財務・会計
    3. 企業経営理論
    4. 運営管理
    5. 経営法務
    6. 経営情報システム
    7. 中小企業経営・政策
  2. 2次試験
     中小企業の診断及び助言に関する実務の事例問題
     例年10月下旬の日曜日に実施される筆記試験と、12月中旬の日曜日に実施される口述試験に分けられます。
    1. 2次試験の筆記試験
      1. 組織・人事
      2. マーケティング・流通
      3. 生産・技術
      4. 財務・会計
    2. 2次試験の口述試験
       筆記試験の合格者に対して行われる試験です。→口述試験の詳細


中小企業診断士の学校の評判

 中小企業診断士の学校は評判で選びましょう。
 中小企業診断士の評判を判断するには学校ごとの合格率を参照するのが一番いいものです。
 まずは、学校ごとの合格率を把握し、自分にあった勉強スタイルを確立しましょう。

老舗の学校の評判

 どうしても会計系の老舗の専門学校のほうが知名度や実績もあるため、学校の評判を気にせず申し込んでしまいがちですが、最近はWeb通信講座も人気になっています。
 昔からあるマンモス校のほうが合格に直結した講座が実施できるのは確かです。
 ですが、目的は中小企業診断士への合格のはずです。

新しい学校の評判

 いつでも自由に動画で講義を視聴して勉強できるeラーニング講座で中小企業診断士を目指す方が増えています。
 昔からある会計系の専門学校のほうが、試験の傾向や合格に繋がる勉強方法についてのノウハウがあるのは当たり前ですが、最近は新しい学校でも同様の傾向分析を行っています。
 大切なのは、合格に直結した教え方をしているかです。
 通勤途中でもスマホを使って短い時間のなかで動画を見ながら勉強するサラリーマンは増えています。
 予備校選びで重要なのは、分かりやすいテキストであるばかりでなく、分かりやすいコンテンツを配信しているかどうかも決めてになってきています。
 そこを判断するためには、やはり合格者の評判をきくというのも一つの手です。
 実際に利用して合格をした人の評判を聴いて予備校を選ぶほうが合格に直結するのは言うまでもありません。

中小企業診断士の学校のおすすめの選び方

 たくさんあるが故にどれがいいのか分からなくなってしまうといった事態に陥りがちです。どこもちゃんとした講師陣が授業をしているようにも見えるし、どこを比較して選べばいいのでしょう。

中小企業診断士の学校の選び方①カリキュラム

 中小企業診断士の学校を選ぶ際に最も比較すべき点は、自分に合ったカリキュラムであるかです。

 勉強が得意であるか得意でないかで選ぶべき予備校や講座も違ってくるでしょう。事前に授業の様子とかがネットで見られるのでそれを比較して、しっかり選ぶことが重要です。

中小企業診断士の学校の選び方②講師

 真剣に授業を受けられる環境であるかもポイントですが、講師が自分に合っているかも重要です。
 学校によっては体験講座があったり、WEBの授業も体験したりことができます。パンフレットを入手後、通学したい学校に問い合わせてみるのがよいでしょう。

中小企業診断士の学校の選び方③受験仲間

 資格試験ですからみんな真剣にやるでしょうし、真剣にやるからお金を払ってまで参加するのでしょう。学校で知り合った受験仲間は励みになるものです。

 一方、学校に行ってみて、教室が落ち着かないとか意識の低い受講生が多いなどといったことがあった場合おすすめできません。人は周りの環境に影響されるものですから、周りが真剣にやっていないとつられてしまうことがあります。

 通いたい学校が決まったら、実際に足を運んでみるのがおすすめです。

中小企業診断士の学校の選び方④チベーションの維持

 中には予備校に通っているだけで安心してしまう人もいます。そういった人たちがいる場合も周りに影響されてしまってはいけません。中小企業診断士試験も、資格試験ですから授業以外はコツコツやるしかありません。

 家で自習することが難しい、モチベーションが維持できないという人には、学校の自習室の有無も事前にチェックすることをおすすめします。


中小企業診断士」試験勉強の独学

 中小企業診断士の資格を取りたいけれど、独学だとどうしてもさぼってしまってできないなんて人も多いのではないでしょうか。

 働いた後、学校の後、家に帰ってきて勉強する気力もわかないのも当然です。
疲れて帰宅したとは、どうしてもほかの娯楽に目が行ってしまうのも仕方ないことです。

 しかし、中小企業診断士の資格試験に合格しなければキャリアアップできないし、給料も上がらず、うだつの上がらない自分のままだと悲観したりするでしょう。なんとかして合格しなければならないと身が引き締まる思いですが、なかなか実際の行動には至らないのです。ここが中小企業診断士試験を独学で勉強する難しさです。

中小企業診断士」試験を短期間で合格する方法

 中学生や高校生のころは勉強するときはいつもどうしていたのだろうかと考え、塾や予備校に通っていたから勉強できていたのだと気付くこともあるでしょう。

 資格を取るのに予備校なんてあるのかとまずそこに疑問を持つ人もいるかもしれません。中小企業診断士だけでも結構たくさんあることに気づきます。通学するのもあれば通信教育のような教材でやるところもあります。
 短期間での合格を目指す場合は独学よりも通学がおすすめです。


中小企業診断士試験対策の勉強方法

 中小企業診断士試験対策として、学校に通う人も独学の人もいかに効率よく勉強するかが大事です。その中で今注目なのは、スマートフォンやタブレットを使って隙間時間を効率的に使うことです。
 その中でも最近、通勤講座が注目を集めています。

通勤講座を利用した中小企業診断士の効率的な学習

 通勤講座の中でも評判が高いのが、中小企業診断士の講座です。
 中小企業診断士の通勤講座は、短期間で試験に合格した人の勉強方法を研究して開発されています。
 そして、毎年、多くの受講生が短期間で合格しています。
 通勤講座は、通勤時間や休み時間を有効に利用して、勉強することが可能です。

通勤講座の特徴

  • スマートフォンやタブレットによる学習
     通勤講座では、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを使って勉強します。
     そのため、時間や場所を選ばずに勉強することができるのです。
     仕事で忙しい人でも、中小企業診断士のオンライン講座を利用すれば、無理なく勉強を続けることができます。
     ビデオ講座や音声講座によって、従来のテキスト中心の学習よりも効率よく学ぶことができます。
     ビデオ講座や音声講座は、倍速で視聴できるため、2倍速にすれば勉強時間を短縮することができます。
     ビデオ講座や音声講座で必要な知識をインプットした後は、すぐにアウトプットができるように学習システムが組まれています。
  • 低価格での受講
     通勤講座は、価格が安いことも魅力です。
     オンライン講座は、教室などのコストがかからないので、低価格で講座を受けることができるのです。
     従来の大手資格学校に比べると、革新的な低価格なので、非常に人気があります。

独学による中小企業診断士の勉強方法

 中小企業診断士試験は独学による勉強方法では極めて難しいと言われています。
 法改正は必ずといっていいほど毎年あり、簿記などの他の資格のように過去問を押さえておけばよいというレベルではありません。(税理士試験や司法書士試験など法律に関する試験はほとんど過去問対策のみでは合格は難しい。)
 また、市販の教材もありますが、法改正分は反映されていません。
 さらに、中小企業診断士試験の試験傾向などは市販の教材から自分で判断するのは難しいでしょう。

独学の勉強方法で合格する方法

 上記の通り、中小企業診断士は独学の勉強方法では苦戦を強いられる傾向にありますが、それでも合格する方法があります。
 独学で勉強したい人におすすめなのは、大手専門学校を利用することです。
 独学による中小企業診断士試験の勉強を考えている人の大部分は通学時間と受講費用の問題です。
それらを解決できるのが、通信教育講座に特化した「クレアール」のテキスト・映像を利用することです。最新の試験範囲が網羅できているばかりでなく、中小企業診断士の勉強における重要度別強弱や勉強のペース配分などがわかります。しかも、教室や講師をたくさん抱えていない分受講費用が、かなり抑えられています。

独学におすすめのテキスト

 中小企業診断士は市販のテキストでは対応が難しいですが、中には販売されているものもあります。新試験範囲に未対応のものが平然と売られていたりしますので、注意が必要です。
 やはり、大手学校の最新のテキスト類を入手することがおすすめです。

独学のおすすめの答練

 中小企業診断士試験対応の市販テキストで独学で勉強している人は問題演習量が通学生に比べて低い傾向にあります。また、模擬試験などの答練を受けていないため、合格ラインにあるかどうかの判断もできません。
 ただし、大手の学校は試験直前期の模擬試験などの答練のみを受講する方法もありますので、ぜひ検討してみましょう。周りに知らない人がいる中で本試験スタイルで受講することは試験中の緊張感を事前に体感することにもなるためおすすめです。

中小企業診断士の資格取得後

 資格取得の目的は人それぞれですが、難関資格であるほどに自分の希望を実現するためという理由が増加します。
 難関資格の1つである中小企業診断士においては、より良い待遇で転職する方よりも、独立して自分の名前で仕事をしたい方の割合が多いのが特徴です。

 そもそも、中小企業診断士は中小企業相手の専門職であって、すでに業務の切り分けと合理化が完了している大企業ではあまり活躍の機会がありません。
 実際に、転職市場の求人を見てみると、経営コンサルティングの会社で即戦力を募集しているところがある程度です。
 サラリーマンとして毎月決まった給与をもらいたい方は、資格取得後に有資格者として執筆などを行う副業になります。

 先生と呼ばれる立場ではありますが、他の士業と同様に、自分自身で営業をしなければならないことも事実です。

 主な顧客となる中小企業の社長は、仮に社員数人の会社であったとしても、これまで人を雇って会社経営を行ってきた海千山千の猛者ばかりであり、彼らを納得させられるだけの経営改善のアドバイスをするのは容易ではありません。
 ただ独立するだけならば、資格取得を済ませて、自分の事務所と名刺を用意するだけで事足りますが、一度プロになったら仕事をしながら勉強し続けるだけの気概が必要になります。

 とはいえ、活きた経済そのものである中小企業を相手にして、自分の提案によって経営改善ができて感謝された時の喜びは、何物にも代えがたいものです。

 中小企業診断士を育成している予備校では、学校によって教育方針が異なっており、まず合格への最短ルートを取るところもあれば、現場に出てからも通用するプロに育てる方針のところも存在しています。
 この資格を持っていることで、経営コンサルタントとして活躍する道が広がるのは間違いありません。

中小企業診断士の役割

 今盛んに活動を行っている大企業も、誕生した時はその大半が中小企業でした。規模は小さくてもある特定の分野で高い市場占有率を持っているメーカーや、独自の技術を持っているベンチャー企業、地場産業として地域を支えている企業など日本でもきらりと光る中小企業が、日本各地で活躍しています。
 国際化が進んでくる中で日本の中小企業は国内ばかりではなく、国際的にも重要な役割を担うようになっています。
 中小企業は、人材や情報、技術などが大企業に比べて不足しがちになっています。このような中小企業の頭脳になって、企業の発展の手助けをするのが中小企業診断士の役割になっています。
 中小企業診断士は法律に基づく経営コンサルタントとしての、国家資格になっています。企業の経営を診断して、助言ができる人材として国が認めますからその人が持っている実力の証明にもなっています。

就職に有利な中小企業診断士

 中小企業診断士の資格を取得すると、就職活動で差をつけることもできます。
 ビジネスの世界で活躍している人にとっては、この資格を取ることで経営感覚を身に着けることができ、キャリアのアップにもつながってきます。
 社会経験が豊富な人にとっては第二の人生に挑戦する、力強い武器にもなります。この資格に人気がある秘密はこんなところにもあります。

 資格の取得を目指して自分が勉強した知識や、身に付けた経験は大企業や中堅の企業でも活用できることは言うまでもありませんが、資格を取得することは最終の目的ではなく経営のコンサルタントとして出発点に立っただけです。コンサルタントの業務は新規に参入しやすく、その中で成功をするのも大変で、完全に実力の世界になっています。
 診断士の資格を持つことで、様々な場所へ就職ができる道が広がっていきます。プロのコンサルタントとしての診断士や、コンサルタント会社に勤務する診断士、公務員としての診断士など就職する場所は無数に広がっていきます。
 自分が希望するところに就職を望むのであれば、まず資格を取らなければなりません。独学の勉強では合格までの道のりが長いものになってしまう恐れが多くありますので、しっかりとした予備校や学校でしっかりとした対策を行うことが重要になってきます。


中小企業診断士の学校の評判・口コミ

 中小企業診断士の学校に通って勉強し、合格を勝ち取った方のコメントをご紹介します。

  • 中小企業診断士の学校で得られた知識が企業内においても役に立ちました。自分自身のスキルアップや会社業務への貢献に生かすことができました。
  • 中小企業診断士試験や実務補修、実務従事で得た知識と経験は、企業のみならず関係会社の監査の際にも活用できました。
  • 論点を絞ったテキストや過去問集の論点別編集は学校オリジナルで効率的に学習できました。
  • 短期集中学習が必要だったため、効率的な受験サポートががる学校を選びました。今は中小企業の経営再建に取り組んでいます。
  • 中小企業診断士の合格に必要な学習範囲を絞り込み、徹底して理解・反復を行う学習法が自分にマッチしました。学校選びは実績もさることながら学習法を重視して選択しました。
  • 受講形態は、自分のペースで勉強できる通信講座にしました。コンパクトな教材、手ごろな受講料の学校に興味を持ちました。



[check] パンフレットの請求先(無料)
 下記の学校よりパンフレットが無料で請求できます。
 中小企業診断士受験学校のパンフレットが一括して請求できるように請求ページをまとめました。各ページTOPの「資料請求」からお申込みできます。
【通信講座】
1.通勤講座<中小企業診断士>(※パンフレットではなくお試しの無料視聴講座)
2.クレアール<中小企業診断士>
【通学講座】(+通信講座)
1.資格の学校TAC<中小企業診断士>
2..資格の大原<中小企業診断士>
3.資格スクール大栄<中小企業診断士>

※パンフレットに期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)クレアールのパンフレットを請求した時にクーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。