知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

プログラミング教室ランキング|おすすめのオンラインプログラミング資格の学校を比較|社会人・大人・子供に人気のプログラマー

プログラミング教室ランキング

プログラミング教室ランキング|おすすめのオンラインプログラミング資格の学校を比較|社会人・大人・子供に人気のプログラマー

  • プログラミングの学校のランキングは通信か通学かで大きく分かれる。
  • プログラミングの学校をテキスト・講師・カリキュラムで比較する。
  • プログラミングの学校の評判・口コミを確認する。
  • プログラミングの学校の費用を比較する。

以上を基本としながら、2022年最新のプログラミング試験の人気予備校の比較・評判の他独学におすすめのテキスト勉強方法ご紹介します。

【合格極意】これからプログラミング試験を目指す人に4STEPで解説

合格極意
  1. プログラミング試験に短期間で受かるおすすめの方法は?
  2. 独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているプログラミングの学校は?
  3. 少しでも費用を安く抑えてプログラミング試験の勉強をするには?
  4. プログラミングの学校の口コミ・評判を確認するには?
STEP
プログラミング試験に短期間で受かるおすすめの方法は?

プログラミング試験に短期間で受かる方法を、受験する方の立場ごとに解説しています。

  • 社会人
    忙しくまとまったプログラミング試験の勉強時間がなかなかとりづらい社会人の方には、スキマ時間を活用できる通信の学校がおすすめです。
  • 学生
    まとまったプログラミング試験の学習時間が取れる学生の方は、学習スケジュールがきちんと組まれている通学の学校がおすすめです。
  • 主婦・主夫
    忙しいけれどもまとまったプログラミング試験の勉強時間を取ることも可能な主婦・主夫の方には、通学時間を省略できる通信の学校通学の学校の通信講座がおすすめです。
STEP
独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているのは?

プログラミング試験の勉強をするにあたり、独学・通信の学校・通学の学校のそれぞれメリットデメリットを挙げた上で、オススメできる選択肢をランキング形式で解説します。

1位:通信
  • メリット
    • 通学にかかる移動時間を省略できるため、忙しい人には向いている!
    • 講義動画が短く区切られているため、スキマ時間で学習できる!
    • 通学の学校に比べて受講費用が安いことが多い!
  • デメリット
    • 学習スケジュールが定まっていないため、自分でスケジューリングと進捗を管理しないといけない
    • 勉強仲間ができにくいため、自分のレベルの確認やモチベーションの維持が難しい
2位:通学
  • メリット
    • カリキュラムごとに講義日程が組まれているため、学習計画の作成や進捗管理が不要
    • 他の受講生がいることや勉強仲間が作れることで、モチベーションを維持しやすい
  • デメリット
    • 通学に時間がかかる
    • 講義時間が長いためまとまった時間が必要
3位:独学
  • メリット
    • 教材のみを買えばよいので、費用が安い
    • 好きな時間で勉強を開始・終了できる
  • デメリット
    • 教材の品質の判断基準が乏しいため、良質な教材を見極められない
    • 問題の重要度を判別できないため、学習が非効率になりがち
    • 学習ペースの管理の難しさ、テストなどの目標がないこと、勉強仲間の不在などから、モチベーションを保つのがかなり難しい
STEP
少しでも費用を安く抑えて勉強するには?

プログラミング試験の学校を利用する場合も独学の場合も試験勉強には費用がかかります。そこで費用をなるべく抑える方法を解説します。

STEP
口コミ・評判を確認するには?

学校の公式サイト・パンフレットの他、生の口コミが聞けるのはTwitter・FacebookなどのSNSです。
下記に主な口コミ・評判を掲載しました。

目次

「プログラミングの学校」メニュー一覧

オンライン通信Web教育の場合、新型コロナウイルスの影響でも休校等の影響を受けません。
そのため、接触せず自宅学習ができるeラーニング「通信・WEB講座」に注目が集まっています。

学校ランキング
割引情報

人気集中の講座

時間や場所を問わずスマホやパソコンで受講できるため「eラーニング」が人気です。
通信・WEB講座専門の学校は、オンライン受講に特化のためWeb講座が安価に設定されています。

「オンライン通信Web講座」と「通学講座」の学校を比較しましたので、是非詳細をご覧ください。

実務経験がなくてもIT業界に携わりたいと思っている方、既にIT業界での仕事をこなしているが現状のスキルでは満足していない方、まだ学生だけど社会人になる前に様々な経験を積みたいとお考えの方など様々な理由で学ぶ意欲がある人がプログラミング教室を選び、学習されています。

「プログラミングの学校」ランキング

学校ランキング
学校ランキング

近年、次のような様々な理由でプログラミング教室を受講されている方が増えてきました。

  • 就職・転職を本気で目指している社会人(大人)
  • 在宅フリーランスを目指している社会人(大人)
  • 中学校や高校で必須化されたことをきっかけに、プログラミングについて学びたい子供(小学生、中学生、高校生)

最近は、特に新型コロナウイルスの影響もあり、自宅で安心して確実に学べるオンラインスクールが注目されています。

プログラミング試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

当サイトの プログラミング試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

プログラミング試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

社会人・大人向けのプログラミング教室

実務経験がなくてもIT業界に携わりたいと思っている社会人、既にIT業界での仕事をこなしているが現状のスキルでは満足していない社会人の方からの支持が多いプログラミング教室です。

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校ランキング

各学校の詳細ページ・公式ページはこちら

  1. ドリーム・シアター<プログラミングの学校>
  2. RUNTEQ<プログラミングの学校>
  3. テックキャンプ<プログラミングの学校>
ココがおすすめ

ドリーム・シアター、RUNTEQ、テックキャンプのプログラミング講座はオンラインWeb通信講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

対面型通学教室の学校ランキング

各学校の詳細ページ・公式ページはこちら

  1. 0円スクール<プログラミングの学校>
  2. AkrosAcademy<プログラミングの学校>
ココがおすすめ

社会人にもおすすめのプログラミング試験向け朝クラス、昼クラス、夜間クラスの通学講座も開設されています。(学校・校舎によります。)

子供(小学生・中学生・高校生)向けのプログラミング教室

高い精神性、豊かな感性や創造力を育成するなど教育の一環としてプログラミングを学ぶ学生、社会人になる前に様々な経験を積みたいとお考えの学生、既に将来プログラマーとして活躍したいという希望のある学生などに指示が多いプログラミング教室です。

小学生向けプログラミング教室(オンライン教室)

  • プログラミングキッズ

中学生・高校生向けプログラミン教室(オンライン教室)

  • Code of genius

「プログラミングの学校」受講費用の比較

学校の費用比較
「プログラミングの学校」の費用比較

① 通信教育・独学向きの学校
② 通学講座の学校

それぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。

※価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は最新のパンフレットを入手してご確認ください。

社会人・大人向けのプログラミング教室

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校の費用比較

通信講座
プログラミングの通信講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
ドリーム・シアター 公式サイト
RUNTEQ 公式サイト
テックキャンプ 公式サイト
プログラミングのオンラインWeb通信教育・独学向きの学校の費用比較
  1. ドリーム・シアター:協賛企業からの資金運営により無料(7万円~10万円のデポジット有り)
  2. RUNTEQ
     (1) Railsエンジニアコース(Railsチュートリアルまで学習した方):298,000 円
     (2) Railsマスターコース(HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方):348,000 円
     (3) Webマスターコース(プログラミング完全初心者の方):398,000 円
  3. テックキャンプ:648,000円(月々35,000円〜)

通学・通信向きの学校の費用比較

通学講座
プログラミングの通学講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
0円スクール 公式サイト
AkrosAcademy 公式サイト
プログラミングの対面型通学教室の学校の費用比較
  1. 0円スクール(札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡):無料
  2. AkrosAcademy(東京):680,000円

子供(小学生・中学生・高校生)向けのプログラミング教室

小学生向けプログラミング教室(オンライン教室)

(1)プログラミングキッズ:月謝 8,800円/月(税込)

中学生・高校生向けプログラミン教室(オンライン教室)

(1)Code of genius:各講座40,000円(税込44,000円)

「プログラミングの学校」費用の割引情報

裏技
  • 受講費用が安くなる3つの方法を要チェック!!
  • 複数の方法を併用できる場合あり!(1と2 or 1と3
受講費用が安くなる方法
受講費用が安くなる方法

 資格の学校TACや大原など大手の通学スタイルの受験予備校の受講料は比較的近い金額設定になっています。

※キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は学校詳細ページ及び学校の最新パンフレットを入手してご確認ください。

受講費用が安くなる3つの方法を、下記の別ページで解説しています。

1.ハローワークからキャッシュバック?
2.クーポン請求ができる学校は?
3.株主優待券(割引券)が簡単入手?

あわせて読みたい

「プログラミングの学校」の比較

学校の比較
「プログラミングの学校」の比較

オンラインWeb通信教育”と“通学講座”にはそれぞれ特徴があります。
自分に合った学校はどこなのか確認しましょう!

学校ごとに評判・口コミ・合格率・講座の種類・費用・特徴等をまとめた「詳細ページ」と「公式サイト」をあわせてご確認ください。

プログラミングの資格を活かす就職・転職情報

就職・転職情報
就職・転職情報

資格試験を活かす就職・転職情報を掲載しています。

資格取得後・取得中・取得前に資格試験の知識を有効に仕事に活かして仕事がしたい方のために、資格が活かせる就職・転職情報をまとめました。

プログラミングの求人情報  >>

プログラミングの試験ガイド

「プログラミング試験」の概要をご紹介します。

ガイド
  • 受験資格
  • 受験申込期間
  • 試験日程
  • 試験内容
  • 受験地
  • 合格発表
試験ガイド
試験ガイド

※なお、2020年より新型コロナウイルスの影響等により、各日程が変更となる可能性があります。最新情報は、試験の公式ホームページや願書等によりご確認ください。

プログラミングの勉強方法

プログラミング試験を勉強する方法は大きく3つあります。

  • 通学の学校に行って勉強する。
  • 通信の学校で勉強する。
  • 独学で勉強する。

どの方法がより効率的に勉強できるか考えてみましょう。

勉強方法
プログラミングの勉強方法

プログラミング初心者(未経験者)、独学での学習経験者、中級者等で勉強方法は異なってきます。
また、新型コロナウイルスの影響もあり、最近は通学型以外にオンライン学習型が非常に人気となっています。

紹介したプログラミング教室は、ほとんどの教室でカリキュラムがカウンセリングを行ったうえで作成されます。コースもレベルに応じて選んで勉強することとなります。

どのコースで勉強したほうがよいか、未経験でも始められるのか、どんな就職・転職先があるのか、・・・などなど、プログラミング教室に質問して、自分に合った教室、勉強法を探すのがベストです!

公式サイト

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

 下記にプログラミングの学校の「公式サイト」一覧を「オンラインWeb通信・独学向きの学校」「通学向きの学校」ごとにまとめています。

 当サイトの各リンクページはすべて「公式サイト」のため、パンフレット請求をはじめ、下記のようなことができます

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込
パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込

・パンフレット取寄せ(無料請求フォームあり)
・受講相談(オンライン、メール、対面相談等)
・体験受講(Web体験講義、DVD体験受講等)
割引申込等(期間限定割引、クーポン表示、継続割引等)★★★

期間限定割引案内、クーポン等が表示されることがありますので、必ず「公式サイト」から申し込みましょう!
各リンク先が「公式サイト」になります。各TOPページでご確認ください。


パンフレット請求等一覧

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

通信講座
プログラミングの通信講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
ドリーム・シアター 公式サイト
RUNTEQ 公式サイト
テックキャンプ 公式サイト
プログラミングのオンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

対面型通学教室の学校のパンフレット請求等

通学講座
プログラミングの通学講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
0円スクール 公式サイト
AkrosAcademy 公式サイト
プログラミングの対面型通学教室の学校のパンフレット請求等

プログラミングを学ぶメリット

  • 将来性

近年IT化が進むにつれてIT人材不足が加速し、今後も需要は増え続ける職業です。スキルを身に付けることができれば、たくさんの選択肢の中から本当に関わりたい企業やサービスを選ぶことができ仕事の幅が広がります。プログラミングのスキルにより自分自身の付加価値が高まり、努力した分が必ず戻ってくる職業です。

  • 最先端技術

新たなプログラミングの分野は無限に広がっています。常に最先端技術に触れることができ、時代の最先端をいく業界です。まだ世に出ていない新しいサービスを産み出し、人から感謝される仕事はやりがいを感じられます。

  • フリーランス

毎朝スーツを着て、満員電車で通勤するスタイルから離れ、リモートワークやフレックスタイム制を導入し、時間や場所に縛られず効率的に仕事をする時代です。自分らしく自由に働く可能性が開けます。

プログラミング(プログラマー)の学習内容

プログラミング教室によりますが、一例として、 Webエンジニアになるために必要なスキルを徹底的に磨く次のような学習内容があります。
詳細は、教室一覧から資料請求等によりご確認いただけます。

初心者向け

初めてプログラミングを学ぶ方は、ゼロからプログラミングを学び、Webエンジニアになるために必要なスキルを徹底的に磨く内容。

中級者向け

ある程度(100時間程度)プログラミングを学習している方は、実践的なアプリケーション開発を通してRuby on Railsの基礎から応用までのプログラミングを学びます。

チュートリアルを終えている方向け

独学でRailsチュートリアルを終えている方は、Railsカリキュラムに加え、フロントエンドのVue.jsも合わせて学び、現場で当たり前の知識やWeb業界の文化や知識を身につけます。

プログラミングと他資格の比較

IT系の資格として、G検定(ジェネラリスト検定)を受験される方が多くいます。

G検定(ジェネラリスト検定)の詳細はこちら


パンフレット請求等一覧

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

通信講座
プログラミングの通信講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
ドリーム・シアター 公式サイト
RUNTEQ 公式サイト
テックキャンプ 公式サイト
プログラミングのオンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

対面型通学教室の学校のパンフレット請求等

通学講座
プログラミングの通学講座
プログラミングの学校名プログラミングの学校の詳細ページプログラミングの学校の公式サイト
0円スクール 公式サイト
AkrosAcademy 公式サイト
プログラミングの対面型通学教室の学校のパンフレット請求等

学校の選び方

2022年(令和4年)・2023年(令和5年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2022年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが収束することをお祈り申し上げます。

【会計・経営・労務関係】

日商簿記検定(1級・2級・3級)  ● 公認会計士  ● 税理士  ● 建設業経理士  ● ビジネス会計検定  ● 中小企業診断士  ● 社会保険労務士  ● 衛生管理者

【法律関係】

司法試験予備試験(弁護士・検察官・裁判官)● 司法書士  ● 行政書士  ● 弁理士  ● 通関士

【金融関係】

FP1級・2級・3級(ファイナンシャル・プランナー)

【不動産・建築関係】

建築士  ● 宅地建物取引士  ● 土地家屋調査士  ● 不動産鑑定士

【医療関係】

医療事務

【保育・介護関係】

保育士  ● 介護福祉士

【IT関係】

G検定(ジェネラリスト検定) ● プログラミング

【その他資格等】

公務員試験  ●  気象予報士  ● 子供英会話  ● 中学受験塾  ● 予備校

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。コンサルタントの”Nishi”です。コンサルタントである私自身が「税理士試験」など難関試験といわれる資格試験に合格しています。合格するまでの体験をもとに、おすすめの勉強方法・学校の選択・独立開業に至るまでの経験などを踏まえて、スタッフとともに比較・検討しながらランキング形式で情報提供を行っています。

 また、「資格オンライン」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、姉妹サイトである「就職オンライン」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様が無事試験に合格し、また、希望のお仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

目次
閉じる