知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

ビジネス会計検定試験の勉強方法|おすすめのビジネス会計検定1級2級3級の独学・学校の比較ランキング

ビジネス会計検定試験の勉強方法

ビジネス会計検定試験の勉強方法|おすすめのビジネス会計検定1級2級3級の独学・学校の比較ランキング

  • ビジネス会計検定の学校のランキングは通信か通学かで大きく分かれる。
  • ビジネス会計検定の学校をテキスト・講師・カリキュラムで比較する。
  • ビジネス会計検定の学校の評判・口コミを確認する。
  • ビジネス会計検定の学校の費用を比較する。

以上を基本としながら、2022年最新のビジネス会計検定試験の人気予備校の比較・評判の他独学におすすめのテキスト勉強方法ご紹介します。

【合格極意】これからビジネス会計検定試験を目指す人に4STEPで解説

合格極意
  1. ビジネス会計検定試験に短期間で受かるおすすめの方法は?
  2. 独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているビジネス会計検定の学校は?
  3. 少しでも費用を安く抑えてビジネス会計検定試験の勉強をするには?
  4. ビジネス会計検定の学校の口コミ・評判を確認するには?
STEP
ビジネス会計検定試験に短期間で受かるおすすめの方法は?

ビジネス会計検定試験に短期間で受かる方法を、受験する方の立場ごとに解説しています。

  • 社会人
    忙しくまとまったビジネス会計検定試験の勉強時間がなかなかとりづらい社会人の方には、スキマ時間を活用できる通信の学校がおすすめです。
  • 学生
    まとまったビジネス会計検定試験の学習時間が取れる学生の方は、学習スケジュールがきちんと組まれている通学の学校がおすすめです。
  • 主婦・主夫
    忙しいけれどもまとまったビジネス会計検定試験の勉強時間を取ることも可能な主婦・主夫の方には、通学時間を省略できる通信の学校通学の学校の通信講座がおすすめです。
STEP
独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているのは?

ビジネス会計検定試験の勉強をするにあたり、独学・通信の学校・通学の学校のそれぞれメリットデメリットを挙げた上で、オススメできる選択肢をランキング形式で解説します。

1位:通信
  • メリット
    • 通学にかかる移動時間を省略できるため、忙しい人には向いている!
    • 講義動画が短く区切られているため、スキマ時間で学習できる!
    • 通学の学校に比べて受講費用が安いことが多い!
  • デメリット
    • 学習スケジュールが定まっていないため、自分でスケジューリングと進捗を管理しないといけない
    • 勉強仲間ができにくいため、自分のレベルの確認やモチベーションの維持が難しい
2位:通学
  • メリット
    • カリキュラムごとに講義日程が組まれているため、学習計画の作成や進捗管理が不要
    • 他の受講生がいることや勉強仲間が作れることで、モチベーションを維持しやすい
  • デメリット
    • 通学に時間がかかる
    • 講義時間が長いためまとまった時間が必要
3位:独学
  • メリット
    • 教材のみを買えばよいので、費用が安い
    • 好きな時間で勉強を開始・終了できる
  • デメリット
    • 教材の品質の判断基準が乏しいため、良質な教材を見極められない
    • 問題の重要度を判別できないため、学習が非効率になりがち
    • 学習ペースの管理の難しさ、テストなどの目標がないこと、勉強仲間の不在などから、モチベーションを保つのがかなり難しい
STEP
少しでも費用を安く抑えて勉強するには?

ビジネス会計検定試験の学校を利用する場合も独学の場合も試験勉強には費用がかかります。そこで費用をなるべく抑える方法を解説します。

STEP
口コミ・評判を確認するには?

学校の公式サイト・パンフレットの他、生の口コミが聞けるのはTwitter・FacebookなどのSNSです。
下記に主な口コミ・評判を掲載しました。

目次

「ビジネス会計検定の学校」メニュー一覧

オンライン通信Web教育の場合、新型コロナウイルスの影響でも休校等の影響を受けません。
そのため、接触せず自宅学習ができるeラーニング「通信・WEB講座」に注目が集まっています。

学校ランキング
割引情報

人気集中の講座

時間や場所を問わずスマホやパソコンで受講できるため「eラーニング」が人気です。
通信・WEB講座専門の学校は、オンライン受講に特化のためWeb講座が安価に設定されています。

「オンライン通信Web講座」と「通学講座」の学校を比較しましたので、是非詳細をご覧ください。

「ビジネス会計検定の学校」ランキング

学校ランキング
学校ランキング

ビジネス会計検定の学校は、主に

  • 通学講座の学校

で開講されています。

ビジネス会計検定対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

当サイトの ビジネス会計検定試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

ビジネス会計検定の学校は、主に通学講座の学校で開講されています。ビジネス会計検定対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

通学・通信向きの学校ランキング

各学校の詳細ページ・公式ページはこちら

  1. 資格の学校TAC<ビジネス会計検定の学校>
ココがおすすめ

社会人にもおすすめのビジネス会計検定試験向けビデオブース講座が開設されています。(学校・校舎によります。)

「ビジネス会計検定の学校」受講費用の比較

学校の費用比較
「ビジネス会計検定の学校」の費用比較

① 通信教育・独学向きの学校
② 通学講座の学校

それぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。

※価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は最新のパンフレットを入手してご確認ください。

ビジネス会計検定の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。朝・昼だけでなく社会人向けのコースでは夜間にも授業が行われています。また、教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったコースを比較選択しましょう。

後述の学校紹介ページにてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも様々なコースが開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なったり変更になることがありますので、最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

通学・通信向きの学校の費用比較

1. 資格の学校TAC

3級・2級ダブル合格パック
39,000円(税込)
3級対策講座&簿記3級合格パック
ビデオブース 33,000円(税込)
Web通信 31,000円(税込)
3級対策講座
16,000円(税込)
2級対策講座
25,000円(税込)

※ビデオブース・Web通信での受講となります

資格の学校TAC ビジネス会計検定講座

「ビジネス会計検定の学校」費用の割引情報

裏技
  • 受講費用が安くなる3つの方法を要チェック!!
  • 複数の方法を併用できる場合あり!(1と2 or 1と3
受講費用が安くなる方法
受講費用が安くなる方法

 資格の学校TACや大原など大手の通学スタイルの受験予備校の受講料は比較的近い金額設定になっています。

※キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は学校詳細ページ及び学校の最新パンフレットを入手してご確認ください。

受講費用が安くなる3つの方法を、下記の別ページで解説しています。

1.ハローワークからキャッシュバック?
2.クーポン請求ができる学校は?
3.株主優待券(割引券)が簡単入手?

あわせて読みたい

「ビジネス会計検定の学校」の比較

学校の比較
「ビジネス会計検定の学校」の比較

オンラインWeb通信教育”と“通学講座”にはそれぞれ特徴があります。
自分に合った学校はどこなのか確認しましょう!

学校ごとに評判・口コミ・合格率・講座の種類・費用・特徴等をまとめた「詳細ページ」と「公式サイト」をあわせてご確認ください。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

通学・通信の学校

ビジネス会計検定<通学・通信>

ランキング1位 資格の学校TAC

資格の学校TACの公式サイトへ
資格の学校TACの公式サイトへ

資格取得を目標とする専門予備校です。各種国家試験合格を目指しており、講座としては公認会計士・税理士・日商簿記検定等の会計科目のほか、早稲田セミナーの引継ぎにより法律系科目も含め、幅広く開講されています。

2009年9月1日に、「早稲田セミナー(Wセミナー)」を事業譲受により引き継ぎ、各都市の中心部に拠点校を置いており校舎数も資格の学校としては最大規模となっています。

ビジネス会計検定の資格を活かす就職・転職情報

就職・転職情報
就職・転職情報

ビジネス会計検定の資格を活かす就職・転職情報を掲載予定です。

ビジネス会計検定の資格取得後・取得中・取得前にビジネス会計検定の知識を有効に仕事に活かして仕事がしたい方のために、資格が活かせる就職・転職情報をまとめました。

ビジネス会計検定の求人情報  >>

ビジネス会計検定の試験ガイド

「ビジネス会計検定試験」の概要をご紹介します。

ガイド
  • 受験資格
  • 受験申込期間
  • 試験日程
  • 試験内容
  • 受験地
  • 合格発表
試験ガイド
試験ガイド

※なお、2020年より新型コロナウイルスの影響等により、各日程が変更となる可能性があります。最新情報は、試験の公式ホームページや願書等によりご確認ください。

ビジネス会計検定試験は、受験資格がなく誰でも受験できますが、1級・2級・3級と級ごとに求められる能力が異なり、それぞれ試験内容が異なります。

3級→2級→1級と順に受ける必要もなく、希望する級から受験することができます。
また、連続する2つの級を同日に受験することも可能です。

ビジネス会計検定試験3級の比較

基本財務諸表としての貸借対照表、損益計算書、およびキャッシュ・フロー計算書に記載されている項目と計算構造について学習します。
その上で、企業が成長しているのか、債務等の支払い能力はどうか、もうける力はあるか、株価は利益に対して高いか低いか等、財務諸表分析の基本を学びます。
したがって、ビジネス会計検定試験3級の合格レベルに達すると、企業の財務諸表が読めるようになり、財務や営業の状況などの課題が読み解けるようになります。

  1. 受験資格
    受験資格なし(学歴・年齢・性別・国籍に制限なし)
  2. 試験日程
    3月・9月の年2回
  3. 試験の対象
    一般企業の社員や学生等
  4. 出題形式
    マークシート
  5. 出題目的
    1. 財務諸表を読む方(個別財務諸表)
      記載項目及び計算構造
    2. 財務諸表を分析する力(個別財務諸表)
      企業が成長しているのか、債務等の支払い能力はどうか、もうける力はあるか、株価は利益に対して高いか低いか等
  6. 出題範囲
    1. 財務諸表の構造や読み方に関する基礎知識
      1. 財務諸表とは
      2. 貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書の構造と読み方
    2. 財務諸表の基本的な分析
      1. 基本分析
      2. 成長率および伸び率の分析
      3. 安全性の分析
      4. 収益性の分析
      5. 1株当たり分析
      6. 1人当たり分析
  7. 試験時間
    2時間
  8. 合格ライン
    100点満点中70点以上の得点
  9. 合格率
    約40%
  10. 受験料
    4,320円
  11. 受験地
    札幌・仙台・さいたま・東京・横浜・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・山口・松山・福岡
  12. 受験者数
    平均約3,000名/回
  13. 受験申込方法
    郵便振替、インターネット、コンビニ端末

ビジネス会計検定試験2級の比較

有価証券報告書の連結財務諸表に記載されている項目と計算構造について学習します。
3級で学んだ事項に加えて、さらに多くの分析指標を学ぶとともに、近年重要性の高まっているキャッシュ・フローの分析、企業の採算性を探る損益分岐点分析等、応用的な領域についても学習します。
したがって、ビジネス会計検定試験2級に合格すると、有価証券報告書の連結財務諸表の内容が理解でき、応用的な分析指標を用いての分析ができることを客観的に証明できます。

  1. 受験資格
    受験資格なし(学歴・年齢・性別・国籍に制限なし)
  2. 試験実施回数
    3月・9月の年2回
  3. 試験の対象
    一般企業の管理職、経営者、経理担当者等
  4. 出題形式
    マークシート
  5. 出題目的
    1. 財務諸表を読む方(有価証券報告書の連結財務諸表)
      記載項目及び計算構造
    2. 財務諸表を分析する力(有価証券報告書の連結財務諸表)
      企業が成長しているのか、債務等の支払い能力はどうか、もうける力はあるか、株価は利益に対して高いか低いか等
  6. 出題範囲
    1. 財務諸表の構造や読み方、財務諸表を取り巻く諸法令に関する知識
      1. 会計の意義と制度
      2. 連結財務諸表の構造と読み方
    2. 財務諸表の応用的な分析
      1. 基本分析
      2. 安全性の分析
      3. 収益性の分析
      4. キャッシュ・フローの分析
      5. セグメント情報の分析
      6. 連単倍率
      7. 損益分岐点分析
      8. 1株当たり分析
      9. 1人当たり分析
  7. 試験時間
    2時間
  8. 合格ライン
    論述式それぞれ100点、合計200点満点のうち、論述式50点以上、かつ全体で140点以上の得点
  9. 合格率
    約60%
  10. 受験料
    10,800円
  11. 受験地
    札幌・仙台・さいたま・東京・横浜・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・山口・松山・福岡
  12. 受験者数
    平均約1,300名/回
  13. 受験申込方法
    郵便振替、インターネット、コンビニ端末

ビジネス会計検定試験1級の比較

会計情報に関する総合的な知識として、投資関連の各種ディスクロージャーや財務諸表と計算書類の総合的な理解を深めます。
特に、財務諸表をより深く読み解くためにその構成要素のうち重要なものについて、会計基準の内容を理解し注記を含む補足情報の読み方について学習します。
財務諸表分析は、より深く財務諸表を分析するための方法を学習します。
また、概念フレームワーク、会計基準、内部統制やマネジメントにおける事業評価などにも活用できる企業価値分析の基本的な考え方や分析方法についてもビジネス会計の応用領域として学習します。

  1. 受験資格
    受験資格なし(学歴・年齢・性別・国籍に制限なし)
  2. 試験実施回数
    3月(年1回)
  3. 試験の対象
    経理財務管理職、財務担当役員等
  4. 出題形式
    マークシート及び論述式
  5. 出題目的
    企業の成長性や課題、経営方針・戦略などを理解・判断するため、財務諸表を含む会計情報を総合的かつ詳細に分析し企業評価できる力を身につけることです。
  6. 出題範囲
    1. 会計情報に関する総合的な知識
      1. ディスクロージャー
        ディスクロージャーとは、会社法上のディスクロージャー、金融商品取引法上のディスクロージャー、証券取引所が求めるディスクロージャー、IRという自主的なディスクロージャー、ディスクロージャーの電子化
      2. 財務諸表と計算書類
        財務諸表と計算書類の体系、強制開示と任意開示、連結損益計算書の内容、連結貸借対照表の内容、連結キャッシュ・フロー計算書の内容、連結株主資本等変動計算書の内容、連結附属明細表と連結財務諸表注記、四半期財務諸表の体系と内容
      3. 財務諸表項目の要点
        融商品、棚卸資産、固定資産と減損、繰延資産と研究開発費、引当金と退職給付、純資産、外貨換算、リース会計、税効果、会計上の変更および誤謬の訂正、その他の重要な注記、セグメント情報、企業結合・事業分離
      4. 財務諸表の作成原理
        概念フレームワーク、会計基準、内部統制
    2. 財務諸表を含む会計情報のより高度な分析
      1. 財務諸表分析
        分析の視点と方法、収益性の分析、生産性の分析、安全性の分析、不確実性の分析、成長性の分析
      2. 企業価値分析
        企業価値評価のフレームワーク、割引キャッシュ・フロー法による企業価値評価、資本コストの概念、エコノミック・プロフィット法による企業価値評価、乗数アプローチによる企業評価、これからの企業価値評価
  7. 試験時間
    2時間30分
  8. 合格ライン
    マークシート、論述式それぞれ100点、合計200点満点のうち、論述式50点以上、かつ全体で140点以上の得点以上の得点
  9. 合格率
    約15%
  10. 受験料
    10,800円
  11. 受験地
    札幌・仙台・さいたま・東京・横浜・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・山口・松山・福岡
  12. 受験申込方法
    郵便振替、インターネット、コンビニ端末

ビジネス会計検定の勉強方法

ビジネス会計検定試験を勉強する方法は大きく3つあります。

  • 通学の学校に行って勉強する。
  • 通信の学校で勉強する。
  • 独学で勉強する。

どの方法がより効率的に勉強できるか考えてみましょう。

勉強方法
ビジネス会計検定の勉強方法

【公式サイト】資料請求

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

 下記にビジネス会計検定の学校の「公式サイト」一覧を「オンラインWeb通信・独学向きの学校」「通学向きの学校」ごとにまとめています。

 当サイトの各リンクページはすべて「公式サイト」のため、パンフレット請求をはじめ、下記のようなことができます

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込
パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込

・パンフレット取寄せ(無料請求フォームあり)
・受講相談(オンライン、メール、対面相談等)
・体験受講(Web体験講義、DVD体験受講等)
割引申込等(期間限定割引、クーポン表示、継続割引等)★★★

期間限定割引案内、クーポン等が表示されることがありますので、必ず「公式サイト」から申し込みましょう!
各リンク先が「公式サイト」になります。各TOPページでご確認ください。


パンフレット請求等一覧

通学・通信向きの学校のパンフレット請求等

通学講座
ビジネス会計検定の通学講座
ビジネス会計検定の学校名ビジネス会計検定の学校の詳細ページビジネス会計検定の学校の公式サイト
①資格の学校TAC 公式サイト
ビジネス会計検定の通学・通信向きの学校のパンフレット請求等

ビジネス会計検定試験とは

ビジネス会計検定試験とは、財務諸表を理解する力「会計リテラシー」の向上を目的とする試験で、大阪商工会議所が主催する検定試験です。

なお、簿記の知識の有無は問わず、財務諸表に関する知識や分析を通して、 財務諸表が表現する企業の経営状態を判断する能力を問うものです。
つまり、財務諸表を作成する能力は簿記検定で問われ、作成された財務諸表を分析・利用する能力がビジネス検定で問われており、実社会で役立つ会計の知識を習得するのに有効です。

ビジネス会計検定試験2級・3級は2007年7月の第1回より実施されており、ビジネス会計検定試験1級は2010年度第8回検定より実施されています。


パンフレット請求等一覧

通学・通信向きの学校のパンフレット請求等

通学講座
ビジネス会計検定の通学講座
ビジネス会計検定の学校名ビジネス会計検定の学校の詳細ページビジネス会計検定の学校の公式サイト
①資格の学校TAC 公式サイト
ビジネス会計検定の通学・通信向きの学校のパンフレット請求等

学校の選び方

2022年(令和4年)・2023年(令和5年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2022年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが収束することをお祈り申し上げます。

【会計・経営・労務関係】

日商簿記検定(1級・2級・3級)  ● 公認会計士  ● 税理士  ● 建設業経理士  ● ビジネス会計検定  ● 中小企業診断士  ● 社会保険労務士  ● 衛生管理者

【法律関係】

司法試験予備試験(弁護士・検察官・裁判官)● 司法書士  ● 行政書士  ● 弁理士  ● 通関士

【金融関係】

FP1級・2級・3級(ファイナンシャル・プランナー)

【不動産・建築関係】

建築士  ● 宅地建物取引士  ● 土地家屋調査士  ● 不動産鑑定士

【医療関係】

医療事務

【保育・介護関係】

保育士  ● 介護福祉士

【IT関係】

G検定(ジェネラリスト検定) ● プログラミング

【その他資格等】

公務員試験  ●  気象予報士  ● 子供英会話  ● 中学受験塾  ● 予備校

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。コンサルタントの”Nishi”です。コンサルタントである私自身が「税理士試験」など難関試験といわれる資格試験に合格しています。合格するまでの体験をもとに、おすすめの勉強方法・学校の選択・独立開業に至るまでの経験などを踏まえて、スタッフとともに比較・検討しながらランキング形式で情報提供を行っています。

 また、「資格オンライン」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、姉妹サイトである「就職オンライン」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様が無事試験に合格し、また、希望のお仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

目次
閉じる