知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

スタディングの司法試験講座

目次

スタディングとは?

スタディングは、「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という思いから開発されました。(従来「通勤講座」で評判となっていましたが、2018年「スタディング」に名称変更されました。)

スタディングが目指しているのは、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段になり、受験生の持っている可能性を最大限に引き出すことで合格率を上げることを目標としています。

「スタディング」は、スキマ時間の有効利用におすすめです。通勤・通学の隙間時間を有効利用するために作られた「通勤講座」が「スタディング」へと進化!自分の苦手な論点は映像を何度も繰り返し見ることで理解が深まり、得意な論点は倍速機能でスピーディに進めることができ効率的です。教材のデータ化により利便性を向上させ、受講料を低く抑えられており、テレビや雑誌でも度々特集される人気の学校です。

「学習を通じて、人々の可能性を最大化する」というミッションを実現するために、 スタディングは 「最も『学びやすく、わかりやすく、続けやすい』学習手段となる」ことをビジョンとして目指しています。

スタディング司法試験講座の費用の比較

スタディングでも特に評判・口コミがよい講座が司法試験講座です。

スタディングの司法試験講座が選ばれるのには5つの理由があります。

  1. スキマ時間で学べる
    手持ちのスマートフォン、PC、タブレットで学べるため、通勤時間、 移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後など、ちょっとしたスキマ時間で勉強できます
  2. 初心者でもわかりやすいビデオ/音声講座
    倍速版や音声講座もあるので、車通勤や家事をしながらなど、スキマ時間で効率的に学ぶことが可能です。
  3. 段階的なアウトプット学習で合格力アップ!
    試験に短期間で合格するための最大のコツは「問題練習をしながら実力をつけること」です。スタディングでは、最適な順番で段階的にアウトプット学習できるよう「学習フロー」が組まれています。
  4. 論文対策は基本となる「書き方」から学べる!
    論文対策講座では、これまであまり体系的な指導がされていなかった論文式答案の「書き方」を三段論法を中心にマスターできます。
  5. 圧倒的な低価格
    スタディングではできるだけ多くの方を合格させるために、圧倒的な低価格を実現しています。

スタディング【司法試験】2022・2023年合格目標講座

スタディングの司法試験講座のカリキュラムは、予備試験を受験して司法試験に臨むコースと、法科大学院を経て司法試験合格を目指すコースがあります。また、アウトプットを重点的に強化する講座も用意されています。

①初学者・学習経験者向け

スタディングの司法試験講座は、

  • 初めて法律の勉強を始める方
  • 予備試験ルートで司法試験合格を目指す方
  • 法科大学院ルートで司法試験合格を目指す方
  • 忙しくて毎日長時間の学習ができない方
  • 割安な価格で受講したい方
スタディング 司法試験合格コース

におすすめです。

下記2コースは2022年試験と2023年試験を対象としています。
万一、2022年試験に最終合格に至らなかった場合でも、2023年試験の合格を狙うことができます。

※2023年試験版の講座は、今後2023年試験版講座がリリースされ次第(2022年2月中旬リリース開始予定)受講できます。

★予備試験から司法試験合格を目指すコース

予備試験合格コース(基礎)[2022年+2023年試験対応]

法律基本科目(憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法)の基礎知識をインプットする基礎講座と一問一答形式で復習ができるスマート問題集、試験と同じ形式の短答演習のセレクト過去問が含まれたコースです。

初学者の方がゼロから分かりやすく法学の基礎を学びながら、同時にアウトプット演習を行い知識の定着と短答対策が行えます。

受講料:89,100円(税込・配送料込、分割払い可能)

  • 短期合格セミナー:計1回
  • WEB講義(ビデオ・音声):計361回 合計約198時間(1回につき約30分)
  • WEBテキスト:基本講座の各回にWEBテキストが付きます
  • スマート問題集:計356回 1648問
  • セレクト過去問集:計100回 807問

予備試験合格コース(総合)[2022年+2023年試験対応]

基礎の内容に加え、予備試験の論文試験で出題される法律実務基礎科目のインプット講座と論文対策講座の基本フォーム編と予備試験実践編から構成される予備試験論文対策コース(76,780円)がセットになったコースです。

当コースに加わる論文対策では、答案作法の基本から予備試験に特化した実践的な合格答案の書き方までを着実に身につくよう段階的なカリキュラムが採用されています。

受講料:134,200円(税込・配送料込、分割払い可能)

  1. 基礎講座
    短期合格セミナー:計1回
    WEB講義(ビデオ・音声):計361回 合計約198時間(1回につき約30分)
    WEBテキスト:基本講座の各回にWEBテキストが付きます
    スマート問題集:計356回 1648問
    セレクト過去問集:計100回 807問
  2. 法律実務基礎科目
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計26回 合計約12時間(1回につき約30分)
    ・WEBテキスト:各回にWEBテキストが付きます。
  3. 論文対策講座 基本フォーム編
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計105回 合計約75時間(1回につき約40分)
    ・問題演習・参考答案(PDF):計35問
  4. 論文対策講座 予備試験実践編
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計55回 合計約80時間(1回につき約80分)
    ・問題演習・参考答案(PDF):計55問
★法科大学院から司法試験合格を目指すコース

法科大学院生のための司法試験合格コース総合[2022年試験対応]

法科大学院生のための司法試験対策・総合コースです。

当コースには、法律の基礎から学び、短答式対策を行う「基礎コース」と、論文式対策の「論文対策・基本フォーム編」の2つのコースが含まれます。

受講料:119,900円(税込・配送料込、分割払い可能)

  1. 基礎コース
    短期合格セミナー:計1回
    基本講座(ビデオ・音声):計361回 合計約198時間(1回につき約30分)
    WEBテキスト:基本講座の各回にWEBテキストが付きます
    スマート問題集:計356回 1648問
    セレクト過去問集:計100回 807問
  2. 論文対策コース・基本フォーム編
    ・論文対策講座(ビデオ・音声):計105回 合計約75時間(1回につき約40分)
    ・問題演習・参考答案(PDF):計35問

②上級者向け

予備試験論文対策コース[2022年試験対応]

予備試験の論文式試験対策として、まずは、論文科目である実務基礎科目の基礎知識インプットを行い、次に論文の書き方の基礎を学び、最後に実践的な答案作成スキルを習得するコースです。

受講料:76,780円(税込・配送料込、分割払い可能)

  1. 法律実務基礎科目
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計26回 合計約12時間(1回につき約30分)
    ・WEBテキスト:各回にWEBテキストが付きます。
  2. 論文対策講座 基本フォーム編
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計105回 合計約75時間(1回につき約40分)
    ・問題演習・参考答案(PDF):計35問
  3. 論文対策講座 司法試験実践編
    ・WEB講義(ビデオ・音声):計55回 合計約80時間(1回につき約80分)
    ・問題演習・参考答案(PDF):計55問

書ける!判例論証講座[2022年試験対応]

予備試験、司法試験の論文試験で「本当に書ける」ようになるための講座です。本講座では、判例の事案を丁寧に分析し、いわゆる判例の射程が分かるようになります。また実践的な論証例を素材に、「端的に答案を書くための手法」を習得できます。

受講料(すべて税込・配送料込、分割払い可能)
●7科目一括:憲民刑54,780円+行政商訴54,780円=合計109,560円
      → セット価格 87,450円
      →司法試験・予備試験の基本講座を受講している方は
       基本講座受講者割引価格 76,450
●憲法・民法・刑法3科目一括:54,780円
●行政法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法4科目一括:54,780円

  • WEB講義(ビデオ・音声)
    憲法 44回/44判例 合計約15時間
    民法 54回/54判例 合計約24時間
    刑法 45回/45判例 合計約19時間
    商法 45回/45判例 合計約21時間
    民事訴訟法 34回/34判例 合計約15時間
    刑事訴訟法 34回/34判例 合計約19時間
    行政法 35回/35判例 合計約17.5時間
  • WEBテキスト(暗記ツール付き)

スタディング司法試験講座の合格率

司法試験の合格率推移

受験者数合格者数合格率
20213,4241,42141.5%
20203,7031,45039.2%
20194,4661,50233.6%
20185,2381,52529.1%
20175,9671,54325.9%
司法試験の合格率推移

上記は直近5年の司法試験の合格率の推移です。上記合格率は、次の①又は②の受験資格を得た一定の法的知識がある人のうち、25~40%の合格率ということになります。

  1. 法科大学院を卒業する
  2. 予備試験に合格する

合格率は直近5年間で上昇し続けており、来年度以降も受験者数に大きな変動がなければ、司法試験は受験者数ベースでは約3人に1人が突破でき,短答式試験に合格できる実力を持っていれば,そのうち約4~5人に2人が突破できることになります。このように,司法試験の合格率だけに着目すれば,司法試験はもはや「難関試験」ではないと錯覚してしまいそうですが、紛れもなく司法試験(特に論文式試験)は「難関試験」です。気が遠くなるほどの学習を日々積み重ねてインプットの量・質を確保しつつ、アウトプットの訓練を何度も繰り返し、正しい採点やフィードバックを受けるというプロセスを経なければ合格することは困難でしょう。たとえば漫然とインプットだけを重ねる学習や、客観的な採点・評価を受けないアウトプットの訓練を繰り返すだけでは、合格することは難しいでしょう。そこで合格に直結する効率的な学習が必要不可欠です。予備校を上手に活用し、効果的な受験対策を行うことで、合格できる確率を大幅に上昇させることができるでしょう。

スタディング司法試験講座の評判

 スタディングの司法試験講座の合格者の声からは、特に

①スキマ時間を活用できる学習システム
②高得点を取るための論文の書き方指導
③リーズナブルな価格

について、高い評価を得ています。

スタディング司法試験講座の口コミ

 スタディング司法試験講座は、通勤学習がしやすい・論文講座がよかった・コストパフォーマンスが高い、という点に好意的な評判・口コミがあります。

(1)Twitter

スタディング司法試験講座がおすすめの方

  司法試験においては、『初学者(はじめて学習する方)』か『学習経験者』かは大きな違いがあります。
スタディングでは、このターゲットの違いが意識されており、どちらのターゲットに対する講座も用意されています。

※スタディングは、特に忙しい社会人向けの講座に強みがあります。

スタディング司法試験講座がおすすめの理由

「スキルアップしたい……でも忙しくて実現できない……」多くの人が抱えるこんな悩みを解消すべく、スタディングは以下の価値を提供してくれます。

  • いつでもどこでも学べる
  • 分かりやすい
  • 効率的に学べる
  • 続けられる
  • 成果を出せる
  • 高いコストパフォーマンス

【1】効率的な学習を実現する学習ツールの提供

 スタディングでは、これまでの受験者が苦労したことを解消し、継続して学習しやすい学習システムを搭載しています。

  • マルチデバイス
  • ビデオ講座
  • WEBテキスト
  • スマート問題集
  • 暗記ツール機能
  • 学習レポート
  • 学習フロー
  • 検索機能
  • 添削機能
  • マイノート機能
  • 問題横断復習機能
  • メモ機能
  • 勉強仲間機能
  • スタディングアプリ
  • 保有資格登録機能

【2】スタディングメソッド

スタディングでは、短期合格者がどのように学習しているかの研究、心理学、脳科学など、人間の能力向上に関する知見を組み合わせることで、だれでも短期合格者と同じように効率的に実力を高めるための独自の勉強法「スタディングメソッド」を構築。

すべてのスタディングのコンテンツ(講座)はこの「スタディングメソッド」に沿って自社で開発されており、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっています。

スタディングの最新情報

予備試験・司法試験講座 合格お祝い金制度

スタディング 予備試験・司法試験講座では、合格した場合にスタディングから合格お祝い金最大20,000円(※)がもらえます。

対象コースを購入し、合格お祝い金進呈条件を満たせば必ずもらえます。

  1. 予備試験合格コース(基礎)[2022年+2023年試験対応]
  2. 予備試験合格コース(総合)[2022年+2023年試験対応]
  3. 予備試験合格コース(総合)[2022年試験対応]
  4. 予備試験論文対策コース[2022年試験対応]
  5. 書ける!判例論証講座[2022年試験対応]
    【7科目一括】
    【憲民刑3科目一括】
    【行政商訴4科目一括】

※予備試験合格でお祝い金10,000円、司法試験合格でお祝い金10,000円、司法試験予備試験と司法試験合格のお祝い金合計で最大20,000円

パンフレット請求一覧(スタディング)

会計・経営・労務関係の資格試験

● 日商簿記検定(1級・2級・3級)  ● 税理士  ● 中小企業診断士  ● 社会保険労務士

法律関係の資格試験

● 司法試験・ 予備試験(弁護士・検察官・裁判官)● 司法書士  ● 行政書士  ● 弁理士

金融関係の資格試験

● FP1級・2級・3級(ファイナンシャル・プランナー)

不動産・建築関係の資格試験

● 建築士  ● 宅地建物取引士

その他

● 公務員


 

資格オンラインについて

「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。難関試験といわれる士業の資格取得までの勉強の経験、独立開業に至るまでの経験などを踏まえて資格試験の情報を提供しています。 「資格試験サイト」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、「就職・転職サイト」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様の試験に合格し、希望の仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

学校の選び方

2021年(令和3年)・2022年(令和4年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

 

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

 

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2021年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが終息することをお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる