知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法

クレアールの社会保険労務士講座

資格の勉強をする写真
目次

クレアールの社会保険労務士講座

資格受験指導50年の実績のある通信教育の大手スクール!クレアールの最大の特徴はWeb通信に特化していることです。

通学することが困難な方はTAC、大原、大栄の通信講座とぜひ比較検討してみましょう。特に費用面では他に類をみない設定です。

(追記)クレアールのパンフレットを請求した時に割引クーポン等が入っていたとの情報を多数いただきました。

おすすめの「クレアール」社会保険労務士講座

おすすめ講座の比較

  1. 初学者向き 一発ストレート合格パーフェクトコース
    社労士の学習が初めての方、基礎学習が終了していない方。
  2. 中級者向き 中級パーフェクトコース
    択一試験で自己採点30~40点の方、基礎講義の受講経験者。
  3. 経験者向き 上級パーフェクトコース
    択一試験で自己採点40点以上の方、過去問演習を中心に学習したい方。

他にもコースが細分化されていて、それぞれのコースには給与計算2級パック付きもあります。Web講義は標準でついていますが、オプションでDVDや答練資料を付けることもできます。

クレアールのおすすめポイント

「社労士試験は、7割取れれば合格できる!」 ∴非常識合格法
社労士試験は毎年の合格率は平均すると7%前後。法律科目8科目が対象の上、毎年多数なされる改正法令の習得が必要で、さらに時事問題の出題比重も高いという難関試験です。そこで、クレアールは過去20年間の試験問題を徹底的に分析。「やるべきところ」のみならず「やるべきでないところ」までもがはっきしりしているので、合格に必要十分な範囲に絞り込んだ学習プランにすることで短期間で合格へ導くコースとなっています。

  1. ベーシックテキスト
    より覚えやすく、より効率的に記憶に定着しやすくするために押さえるべきキーワード数を合理的に最小化し、テキスト・講義・過去問集の3つが完全リンクして学習を進めることができるようになっています。
  2. 分野別完全過去問題集
    過去20年間の過去問集が用意されています。練習量を積み重ねることで合格へと近づきます。
  3. 基本マスター横断整理答練
    初学者には特におすすめの1000問の問題演習に匹敵する学習中期段階での横断整理により「理解⇔演習・記憶」を関連付けます。
  4. 答練マスター
    各科目の中の細分化された項目について、必ず習得すべき論点を効率よく問題分に仕立てた基礎知識錬成に必須の問題演習です。
  5. ハイレベル答練
    出題確立の高い重要論点を問題を通してマスターする講座で、本試験形式で実施されます。詳細解説で理解を促し、記憶の定着を図ります。
  6. コンプリーションノート
    直前期に絶大な効果を発揮する合格に備えた「コンプリーションノート」にセルフチェックシートが加わり、合格に必要な重要ポイントを絞り込んだ最強の教材です。

パンフレット請求一覧(資格★合格 クレアール)

会計・経営・労務関係の資格試験

日商簿記検定(1級・2級・3級)  ● 公認会計士  ● 税理士  ● 中小企業診断士  ● 社会保険労務士

法律関係の資格試験

司法書士  ● 行政書士  ● 通関士

金融関係の資格試験

FP1級・2級・3級(ファイナンシャル・プランナー)

不動産・建築関係の資格試験

宅地建物取引士

その他

公務員

学校の選び方

2022年(令和4年)・2023年(令和5年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2022年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが収束することをお祈り申し上げます。

【会計・経営・労務関係】

日商簿記検定(1級・2級・3級)  ● 公認会計士  ● 税理士  ● 建設業経理士  ● ビジネス会計検定  ● 中小企業診断士  ● 社会保険労務士  ● 衛生管理者

【法律関係】

司法試験予備試験(弁護士・検察官・裁判官)● 司法書士  ● 行政書士  ● 弁理士  ● 通関士

【金融関係】

FP1級・2級・3級(ファイナンシャル・プランナー)

【不動産・建築関係】

建築士  ● 宅地建物取引士  ● 土地家屋調査士  ● 不動産鑑定士

【医療関係】

医療事務

【保育・介護関係】

保育士  ● 介護福祉士

【IT関係】

G検定(ジェネラリスト検定) ● プログラミング

【その他資格等】

公務員試験  ●  気象予報士  ● 子供英会話  ● 中学受験塾  ● 予備校

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。コンサルタントの”Nishi”です。コンサルタントである私自身が「税理士試験」など難関試験といわれる資格試験に合格しています。合格するまでの体験をもとに、おすすめの勉強方法・学校の選択・独立開業に至るまでの経験などを踏まえて、スタッフとともに比較・検討しながらランキング形式で情報提供を行っています。

 また、「資格オンライン」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、姉妹サイトである「就職オンライン」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様が無事試験に合格し、また、希望のお仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

目次
閉じる