知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

G検定(ジェネラリスト検定)/AI検定の勉強方法|おすすめの独学・学校(通信)の比較ランキング

G検定(ジェネラリスト検定)/AI検定の勉強方法

G検定(ジェネラリスト検定)/AI検定の勉強方法|おすすめの独学・学校(通信)の比較ランキング

  • G検定の学校のランキングは通信か通学かで大きく分かれる。
  • G検定の学校をテキスト・講師・カリキュラムで比較する。
  • G検定の学校の評判・口コミを確認する。
  • G検定の学校の費用を比較する。

以上を基本としながら、2022年最新のG検定試験の人気予備校の比較・評判の他独学におすすめのテキスト勉強方法ご紹介します。

【合格極意】これからG検定試験を目指す人に4STEPで解説

合格極意
  1. G検定試験に短期間で受かるおすすめの方法は?
  2. 独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているG検定の学校は?
  3. 少しでも費用を安く抑えてG検定試験の勉強をするには?
  4. G検定の学校の口コミ・評判を確認するには?
STEP
G検定試験に短期間で受かるおすすめの方法は?

G検定試験に短期間で受かる方法を、受験する方の立場ごとに解説しています。

  • 社会人
    忙しくまとまったG検定試験の勉強時間がなかなかとりづらい社会人の方には、スキマ時間を活用できる通信の学校がおすすめです。
  • 主婦・主夫・学生
    忙しいけれどもまとまったG検定試験の勉強時間を取ることも可能な主婦・主夫の方や、学業と並行しながら資格の取得を目指している学生の方には、通学時間を省略できる通信の学校がおすすめです。
STEP
独学・通信・通学の学校の比較~私に合っているのは?

G検定試験の勉強をするにあたり、独学・通信の学校・通学の学校のそれぞれメリットデメリットを挙げた上で、オススメできる選択肢をランキング形式で解説します。

※2022年6月時点で、主な通学の学校ではG検定講座はほとんど開講されていないため、通信の学校と独学の比較のみとなっています。

1位:通信
  • メリット
    • 通学にかかる移動時間を省略できるため、忙しい人には向いている!
    • 講義動画が短く区切られているため、スキマ時間で学習できる!
    • 通学の学校に比べて受講費用が安いことが多い!
  • デメリット
    • 学習スケジュールが定まっていないため、自分でスケジューリングと進捗を管理しないといけない
    • 勉強仲間ができにくいため、自分のレベルの確認やモチベーションの維持が難しい
2位:独学
  • メリット
    • 教材のみを買えばよいので、費用が安い
    • 好きな時間で勉強を開始・終了できる
  • デメリット
    • 教材の品質の判断基準が乏しいため、良質な教材を見極められない
    • 問題の重要度を判別できないため、学習が非効率になりがち
    • 学習ペースの管理の難しさ、テストなどの目標がないこと、勉強仲間の不在などから、モチベーションを保つのがかなり難しい
STEP
少しでも費用を安く抑えて勉強するには?

G検定試験の学校を利用する場合も独学の場合も試験勉強には費用がかかります。そこで費用をなるべく抑える方法を解説します。

  • G検定の学校を利用する方
  • 独学の方
    • 実力チェックは学校の実施する模試を利用する
    • どうしても学習が難しい箇所のみ学校の単科講座を利用する
STEP
口コミ・評判を確認するには?

学校の公式サイト・パンフレットの他、生の口コミが聞けるのはTwitter・FacebookなどのSNSです。
下記に主な口コミ・評判を掲載しました。

通信の学校の評判
目次

「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」 メニュー一覧

オンライン通信Web教育の場合、新型コロナウイルスの影響でも休校等の影響を受けません。
そのため、接触せず自宅学習ができるeラーニング「通信・WEB講座」に注目が集まっています。

人気集中の講座

時間や場所を問わずスマホやパソコンで受講できるため「eラーニング」が人気です。
通信・WEB講座専門の学校は、オンライン受講に特化のためWeb講座が安価に設定されています。

「オンライン通信Web講座」と「通学講座」の学校を比較しましたので、是非詳細をご覧ください。

「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」 ランキング

学校ランキング
学校ランキング

G検定(ジェネラリスト検定)の学校は、主に

  • オンラインWeb通信教育・独学向きの学校

で開講されています。

G検定(ジェネラリスト検定)試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

当サイトの G検定(ジェネラリスト検定)試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

G検定(ジェネラリスト検定)の学校は、主に通信教育・独学向きの学校で開講されています。G検定(ジェネラリスト検定)対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校ランキング

各学校の詳細ページ・公式ページはこちら

  1. アガルート<G検定の学校>
  2. 資格スクエア<G検定の学校>
ココがおすすめ

アガルートアカデミー、資格スクエアのG検定(ジェネラリスト検定)講座はオンラインWeb通信講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」受講費用の比較

学校の費用比較
「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」の費用比較

通信教育・独学向きの学校

の受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。

※価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は最新のパンフレットを入手してご確認ください。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校の費用比較

1. アガルート

G検定対策講座 全5パート+模擬試験
65,780円(税込)
G検定対策講座 全5パート+模擬試験 質問対応付き
108,680円(税込)

アガルートアカデミー G検定講座

2. 資格スクエア

G検定対策講座
66,000円(税込)

資格スクエア G検定講座

「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」費用の割引情報

裏技
  • 受講費用が安くなる3つの方法を要チェック!!
  • 複数の方法を併用できる場合あり!(1と2 or 1と3
受講費用が安くなる方法
受講費用が安くなる方法

 資格の学校TACや大原など大手の通学スタイルの受験予備校の受講料は比較的近い金額設定になっています。

※キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細は学校詳細ページ及び学校の最新パンフレットを入手してご確認ください。

受講費用が安くなる3つの方法を、下記の別ページで解説しています。

1.ハローワークからキャッシュバック?
2.クーポン請求ができる学校は?
3.株主優待券(割引券)が簡単入手?

G検定の学校のお得な割引情報を掲載しています。割引情報をチェックして、受講費用を安くしましょう。

※割引情報は、変更になる場合があります。 詳細ページ及び公式サイトより最新情報をチェックしましょう!

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校の割引情報

アガルート

アガルートG検定講座 キャンペーン情報

アガルートG検定講座 キャンペーン情報

アガルートアカデミーG検定講座では、2022年6月現在キャンペーン情報は公開されていません。キャンペーン情報が公開され次第、当サイトで紹介する予定です。



アガルートアカデミーG検定講座では他にも、

  • アガルート有料受講生割引制度

などの割引制度があります。アガルートアカデミーで有料講座を購入したことがあれば、G検定講座を5%OFFで受講できます。!ご自身があてはまるか、一度公式サイトからチェックされることをおすすめします。

あわせて読みたい

「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」の比較

学校の比較
「G検定(ジェネラリスト検定)の学校」の比較

オンラインWeb通信教育”と“通学講座”にはそれぞれ特徴があります。
自分に合った学校はどこなのか確認しましょう!

学校ごとに評判・口コミ・合格率・講座の種類・費用・特徴等をまとめた「詳細ページ」と「公式サイト」をあわせてご確認ください。

※当サイト「資格オンライン」は原則として各資格詳細ページにおいて割引又はクーポンページ入口となる公式サイトをリンクしています。公式サイトを経由しないと割引にならないことがありますので、ご注意ください!

オンラインWeb通信教育専門の学校

G検定(ジェネラリスト検定)<オンライン通信教育・独学>

ランキング1位 アガルート

アガルートの公式サイトへ
アガルートの公式サイトへ

アガルートアカデミーは、「受験生が本当に必要としていること」を見極め、それを提供することによって、受験生の道しるべとなることを目標として開校されています。

「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」により徹底的な合理的な学習ができます。
※テキストは、フルカラーテキストで出題傾向・実績に即したもので構成されています。

G検定(ジェネラリスト検定)<オンライン通信教育・独学>

ランキング2位 資格スクエア

資格スクエアの公式サイトへ
資格スクエアの公式サイトへ

資格スクエアとは、2013年12月に資格取得対策講座が開講されたいわゆる受験予備校です。


資格によっては、AI(人工知能)による予想問題を作成するなど、他の通学型の予備校や通信講座との違いを前面に押し出しており、昨今大変注目されている学校の一つです。資格スクエアは、学校・学習塾・個人学習で使える国内・世界のEdTechの最新動向等を広く情報発信することが目的の経済産業省のサイト「未来の教室」にも掲載された注目の受験校です。

G検定(ジェネラリスト検定)の資格を活かす就職・転職情報

就職・転職情報
就職・転職情報

G検定の資格を活かす就職・転職情報を掲載予定です。

G検定(ジェネラリスト検定)の資格取得後・取得中・取得前にG検定(ジェネラリスト検定)の知識を有効に仕事に活かして仕事がしたい方のために、資格が活かせる就職・転職情報をまとめました。

G検定(ジェネラリスト検定)の求人情報  >>

G検定(ジェネラリスト検定)の試験ガイド

「G検定(ジェネラリスト検定)試験」の概要をご紹介します。

ガイド
  • 受験資格
  • 受験申込期間
  • 試験日程
  • 試験内容
  • 受験地
  • 合格発表
試験ガイド
試験ガイド

※なお、2020年より新型コロナウイルスの影響等により、各日程が変更となる可能性があります。最新情報は、試験の公式ホームページや願書等によりご確認ください。

  • 名称
    JDLA Deep Learning for GENERAL
  • 概要
    ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定する。
  • 受験資格
    制限なし
  • 試験概要
    試験時間:120分
    知識問題(多肢選択式・220問程度)
    オンライン実施(自宅受験)
  • 受験料
    一般:13,200円(税込)
    学生:5,500円(税込)
    【再受験の方】
    受験日から2年以内の方は半額(一般:6,600円、学生:2,750円)で受験することができます。
    対象者の方には再受験アクセスコードをJDLA試験問合せ窓口よりメールで送付されますので、ご確認ください。
    【AI For Everyone修了者の方】
    Courseraの受講修了証を提示すると、G検定を30%引き(一般:9,240円、学生:3,850円)で受験することができます。手続きは、一般社団法人「日本ディープラーニング協会」の公式サイトから必要事項を記入し、アクセスコードの申請手順となります。詳細は公式サイトをご覧ください。
  • 試験日予定(2021年以降)
    2021年 11/6(土)
    2022年 3/5(土)、7/2(土)、11/5(土)
  • 申込方法
    申込期間中「日本ディープラーニング協会 資格試験専用Webサイト」より受付

G検定の合格率等

  • 合格者・合格率
    【2021年第2回G検定 結果】7,450名が受験し、4,582名が合格しました。(合格率61.5%)
    なお、第1回の試験の受験申込者数は計1,500名、受験者数は1,448名でした。そのうち、合格者は823名で、受験者数に対する合格率は56.8%となっており、60%前後の合格率で推移していることがわかります。
  • 申込者情報
    申込者1,500名の年齢層は幅広く、10代から70代に渡ります。30代と40代が最も多く、全体の62%を占めました。
    また、業種はIT・SE・開発・運用系が最も多く、全体の57%を占めました。
    その他、化学・素材・バイオ系からクリエイティブ系、企画・マーケティング系まで、幅広い業種の方がG検定合格を目指しています。

『一般社団法人 日本ディープラーニング協会』(英称 Japan Deep Learning Association (略称:JDLA))概要

  • 設立日
    2017年6月1日
  • 所在地
    〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目1番1号 住友不動産御成門タワー9F
  • 理事長
    松尾 豊:東京大学大学院工学系研究科 特任准教授

G検定(ジェネラリスト検定)の勉強方法

G検定(ジェネラリスト検定)試験を勉強する方法は大きく2つあります。

  • 通信の学校で勉強する。
  • 独学で勉強する。

どの方法がより効率的に勉強できるか考えてみましょう。

勉強方法
G検定(ジェネラリスト検定)の勉強方法

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)は今がチャンス!

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)は2017年12月に第1回試験が行われたばかりの新しい資格試験です。
そのため、多くの受験生は受験ノウハウを持ち合わせていません。また、大手の資格試験の受験予備校等もまだ開講を見合わせている段階です。
したがって、勉強方法次第では、いち早く資格を獲得できるチャンスです!

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)の勉強方法

現在、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)ははじまったばかりということもあり、大手の学校等での試験対策講座は開講されていません。
また、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)関連書籍も当然ほとんど出回っていないため、独学での勉強方法は難しいように感じます。

では、どのように勉強をしたらよいのか?について検討したいと思います。

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)のおすすめの勉強方法

上記の通り、大手の受験予備校はまだ開講に踏み切っていません。
したがって、自宅で勉強する方法が最も一般的な勉強方法になります。

その中で、いち早く受験予定者への情報提供に踏み切ったのが「資格のスクエア」です。経済産業省の「未来の教室」にも掲載された注目の受験校です。

※経済産業省「未来の教室 Learning Innovation」は、経済産業省が学校・学習塾・個人学習で使える国内・世界のEdTechの最新動向等を広く情報発信することが目的のサイトです。

資格スクエアのAI検定/G検定(ジェネラリスト検定)講座は通信・WEB講座専門ため教室運営費・人件費を徹底カットし、AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)講座の費用が低価格の設定となっております。(2018年9月現在)そのため、独学で勉強する人にもおすすめです。

通信教育に力を入れている資格スクエア<AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)>対策講座は、日本ディープラーニング協会が実施している、非エンジニアであるビジネスマン(ジェネラリスト)向けの検定試験のための講座です。

資格スクエア<AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)>対策講座では、日本ディープラーニング協会の有識者会員である浅川伸一氏が講師として、また、リアルワールドグループのノーザンライツ株式会社の佐藤柚花氏がアシスタントとして試験合格に向けて対策を行っています。

ここがおすすめポイント

各章の初めや合間に、浅川講師、佐藤氏が一緒にディープラーニングの概要を説明する導入講義がおすすめポイントです。

講座利用のメリット比較

①勉強内容が難しい

日本ディープランニング協会の有識者会員である浅川氏が講師を行います。
各章の合間や初めに、ディープラーニングの概要を説明する導入講義で難しいと感じる勉強のスタートをスムーズに導きます。

②時間がない

講義動画にあわせて専用レジュメの活用が可能です。ご自身のスキマ時間を利用して、効率よく学習を進めることができます。

③お金がない

独自開発された学習システムであるため、業界トップクラスの低価格に抑えられています。

講師の経歴

  • 講師 浅川伸一
    東京女子大学情報処理センター。博士(文学)早稲田大学。専攻は計算論的神経科学、並列計算、神経心理学など。
    一般社団法人日本ディープラーニング協会の有識者会員。
  • 主な著書
    • 「Pythonで体験する深層学習」コロナ社(2015)
    • 「ディープラーニング,ビッグデータ,機械学習 –あるいはその心理学」新曜社(2015)
    • 「人工知能学大事典/人工知能学会編」共立出版(2017)
    • 「リカレントニューラルネットワーク、リカレントニューラルネットワークによる文法学習」項執筆
    • 「AI白書2017 人工知能がもたらす技術の革新と社会の変貌」独立行政法人情報処理推進機構(2017)分担執筆

【公式サイト】資料請求

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

 下記に G検定(ジェネラリスト検定)の学校の「公式サイト」一覧を「オンラインWeb通信・独学向きの学校」「通学向きの学校」ごとにまとめています。

 当サイトの各リンクページはすべて「公式サイト」のため、パンフレット請求をはじめ、下記のようなことができます

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込
パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込

・パンフレット取寄せ(無料請求フォームあり)
・受講相談(オンライン、メール、対面相談等)
・体験受講(Web体験講義、DVD体験受講等)
割引申込等(期間限定割引、クーポン表示、継続割引等)★★★

期間限定割引案内、クーポン等が表示されることがありますので、必ず「公式サイト」から申し込みましょう!
各リンク先が「公式サイト」になります。各TOPページでご確認ください。


パンフレット請求等一覧

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

通信講座
G検定(ジェネラリスト検定)の通信講座
G検定の学校名G検定の学校の詳細ページG検定の学校の公式サイト
①アガルート 詳細ページ 公式サイト
①資格スクエア 公式サイト
G検定(ジェネラリスト検定)のオンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)とは

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)とは、非エンジニアであるビジネスパーソン(ジェネラリスト)向けに、ディープラーニング(エンジニア)の基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材かどうかを測る検定です。

AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)を取得することにより、AI技術を用いたプロジェクトを推進したり、AI技術を活用したソフトウェア、スマホアプリを開発できるようになります。
AI検定/G検定(ジェネラリスト検定)資格試験を通じて業界理解を深めることができます。

ジェネラリスト

「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに10万人規模で輩出することを目指し、知識面から育成を支援する活動が行われています [#i5b46ea5]

エンジニア

「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材」と定義し、2020年までに約3万人の輩出を目指されています。 [#x5ec0a3f]


パンフレット請求等一覧

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

通信講座
G検定(ジェネラリスト検定)の通信講座
G検定の学校名G検定の学校の詳細ページG検定の学校の公式サイト
①アガルート 詳細ページ 公式サイト
①資格スクエア 公式サイト
G検定(ジェネラリスト検定)のオンラインWeb通信教育・独学向きの学校のパンフレット請求等

カテゴリー

学校の選び方

2022年(令和4年)・2023年(令和5年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」など低価格帯の通信講座を一部取り入れるなど有効利用することがおすすめです。

(例)①フォーサイトの単科講座で苦手分野だけ受講。②模擬試験のみの利用。③直前対策のみ受講。

上記の学校は、オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2022年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが収束することをお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。コンサルタントの”Nishi”です。コンサルタントである私自身が「税理士試験」など難関試験といわれる資格試験に合格しています。合格するまでの体験をもとに、おすすめの勉強方法・学校の選択・独立開業に至るまでの経験などを踏まえて、スタッフとともに比較・検討しながらランキング形式で情報提供を行っています。

 また、「資格オンライン」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、姉妹サイトである「就職オンライン」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様が無事試験に合格し、また、希望のお仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

目次