知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

衛生管理者

目次

衛生管理者の学校・予備校(専門学校)のおすすめランキング

当サイトの衛生管理者試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

衛生管理者の学校は、①通信教育・独学向きの学校 ②通学講座の学校とに大きく分かれます。それぞれ、衛生管理者試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

 人気集中の講座 

オンライン通信教育の場合、新型コロナウイルスの影響でも、休校等の影響を受けません。

そのため、接触せず自宅学習ができるeラーニング「通信・WEB講座」に注目が集まっています。

時間や場所を問わずスマホやパソコンで受講できるのがeラーニング人気の理由です。

通信・WEB講座専門の学校は、オンラインで受講できるWeb講座が安価に設定されています。

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校ランキング

  1. アガルート<衛生管理者>
  2. ユーキャン<衛生管理者>
ココがおすすめ

アガルート、ユーキャンの衛生管理者講座はオンラインWeb通信講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

通学・通信の学校ランキング

  1. LEC<衛生管理者>
ココがおすすめ

社会人にもおすすめの衛生管理者試験向け朝クラス、昼クラス、夜間クラスの通学講座も開設されています。(学校・校舎によります。)

衛生管理者の学校の費用比較

①通信教育・独学向きの学校と②通学講座の学校のそれぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。ただし、価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校

  1. アガルート<衛生管理者>
  2. ユーキャン<衛生管理者>

通学・通信の学校

  1. LEC<衛生管理者>

裏技-受講費用が安くなる方法

資格の学校TACや大原など大手の受験予備校の受講料の定価は比較的近い設定になっています。(キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。)

受講費用が安くなる方法を、下記の別ページで解説しています。

衛生管理者の学校の比較

衛生管理者試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったコースを比較選択しましょう。

後述の学校紹介ページにてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも様々なコースが開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なったり変更になることがありますので、最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

下記に衛生管理者試験の学校の一覧をまとめています。各ページからパンフレットの無料請求受講相談体験受講体験受講等ができます。

期間限定割引等の案内が出ていることがありますので、公式サイトから申し込みましょう!
公式サイトは各リンク先のTOPページでご確認ください。

オンラインWeb通信教育・独学におすすめの学校

  1. アガルート<衛生管理者>
  2. ユーキャン<衛生管理者>

通学におすすめの学校

  1. LEC<衛生管理者>

※パンフレットを請求する場合は、期間限定割引情報クーポンなどが掲載されていることがありますので、必ず最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)キャンペーン期間中は上記公式サイトで「料金・お申込み」をクリックすると、割引情報やクーポンが表示・案内されます。割引情報がゲットできる公式ページを必ずご確認ください!

 衛生管理者試験の学校の公式ホームページ 

“オンラインWeb通信教育”“通学講座”にはそれぞれ特徴があります。

自分に合った学校はどこなのか確認しましょう!

オンラインWeb通信教育専門の学校

衛生管理者<オンライン通信教育・独学>

ランキング1位 アガルート

アガルートの公式サイトへ
アガルートの公式サイトへ

アガルートアカデミーは、「受験生が本当に必要としていること」を見極め、それを提供することによって、受験生の道しるべとなることを目標として開校されています。

「最小限に絞った講座体系」×「最良のテキスト」×「使いやすい受講環境」により徹底的な合理的な学習ができます。
※テキストは、フルカラーテキストで出題傾向・実績に即したもので構成されています。

衛生管理者<オンライン通信教育・独学>

ランキング2位 ユーキャン

ユーキャンの公式サイトへ
ユーキャンの公式サイトへ

ユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育が開講されています。

ユーキャンは、資格・趣味などの通信講座が約160種あり、模擬試験や任意のスクーリングを行い教育訓練給付制度が適用される講座もあります。近年はインターネットを利用した学習サポートへ移行している傾向にあります。

通学・通信の学校

衛生管理者<通学・通信>

ランキング1位 LEC(東京リーガルマインド)

LEC東京リーガルマインドの公式サイトへ
LEC東京リーガルマインドの公式サイトへ

LEC(東京リーガルマインド)は、法律系を中心に、会計、医療系と様々な通学講座が開講されている受験予備校です。「再受講割引」「LEC他資格受講割引」等、オンラインショップで利用できる、各種割引eクーポンが発行されています。

「累計学習時間」と「他の受講生との比較」の可視化でモチベーションアップを図る機能が追加されました。受講の継続を強力にサポートし、最終ゴール地点の合格へと導きます。

衛生管理者の資格とは?

衛生管理者とは労働安全衛生法において定められおり、労働環境の衛生的改善・疾病予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする国家資格者のことをいいます。また、その国家資格のことをいいます。

常時50人以上の労働者を使用する事業者は、その事業場専属の衛生管理者を選任しなければなりません。
誰でも良いわけでなく、衛生管理者に選任されるためには業種に応じた資格が必要です。衛生管理者には、大きくの次の2種類があります。
①第一種衛生管理者
製造業や建設業といった危険性が伴う業務(有害業務)も含め、全ての事業所で衛生管理者として活動できます。
②第二種衛生管理者
有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ活動できます。

事業場労働者数と衛生管理者の選任数

・50人以上~200人以下:1人以上
・200人超~500人以下:2人以上
・500人超~1,000人以下:3人以上
・1,000人超~2,000人以下:4人以上
・2,000人超~3,000人以下:5人以上
・3,000人超:6人以上

一般的な会社では衛生管理者のみのお仕事だけではなく通常の仕事と兼務する場合がほとんどですが、法律上必要な資格となる為、資格を取得すれば社内評価や給与アップにつながります。

衛生管理者の有資格者は現在不足しているため、資格取得はチャンスと言われており、キャリアアップはもちろんのこと、転職・再就職にも有利な資格です。

衛生管理者の業務

衛生管理者は、厚生労働省の資料によると次のような業務を行います。
(1)労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。
(2)労働者の安全又は衛生のための教育の実施に関すること。
(3)健康診断の実施その他の健康の保持増進のための措置に関すること。
(4)労働災害防止の原因の調査及び再発防止対策に関すること。
等のうち衛生に関する技術的事項の管理を行います。

また、衛生管理者は少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければなりません。

衛生管理者の試験概要

衛生管理者の試験を受けるには一定の受験資格が必要となり、試験科目は第一種と第二種でことなります。
それでは、衛生管理者試験の概要について簡単に触れます。

衛生管理者試験の受験資格

代表的な受験資格は次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
・大学等を卒業した者で,その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者
・高等学校を卒業した者で,その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者
・10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者(労働衛生の実務の確認として、事業者証明書が必要です。)
上記以外でも様々な受験資格基準があります。
受験資格の詳細は、受験を主催する「公益財団法人安全衛生技術試験協会」などのサイトでご確認ください。

衛生管理者試験の受験申請期間・試験日など

衛生管理者の免許を取得するには、公益財団法人安全衛生技術試験協会の行う国家試験に合格する必要があります。

衛生管理者試験センター

試験は、全国7ブロックの安全衛生技術センターで、毎月1~3回程度行なわれます。
①北海道
②東北
③関東
④中部
⑤近畿
⑥中国四国
⑦九州

詳しい試験日・受験場所については、各センターにより異なります。令和2年は試験日が複数追加されていますので、常に最新の情報収集が必要です。

公益財団法人 安全衛生技術試験協会の試験日程(最新版)はこちら

なお、毎回定員があり,満員になるとその回の試験は受験することができません。特に関東センターは満員になる時期が早いので,早めに受験申請をしましょう!

衛生管理者試験の試験時間・試験科目

衛生管理者試験の試験時間や試験科目は種類により異なります。

試験時間

①第一種:3時間
②第二種:3時間
③特例一種:2時間 ※科目免除者は2時間15分

※第一種:製造業や建設業といった危険性が伴う業務(有害業務)も含め,全ての事業所で衛生管理者として活動できる一般社員、管理者など

※第二種:有害業務以外を取り扱う事業所でのみ衛生管理者として活動できる一般社員、管理者など
特例第1種:全業種の一般社員、管理者など

試験科目

①第一種:労働衛生(有害業務),労働衛生(有害業務以外),関係法令(有害業務),関係法令(有害業務以外),労働生理
②第二種:労働衛生(有害業務以外),関係法令(有害業務以外),労働生理
③特例一種:労働衛生(有害業務),関係法令(有害業務)

衛生管理者の勉強方法

衛生管理者試験に挑戦しょう!と思ったタイミングを逃さないようにしましょう。1回で受かるんだという気持ちが大切です。初めから複数回受験を前提とした計画を立てると、合格からますます遠のいてしまいます。やろうと思ったときが勉強のチャンスです。

衛生管理者の勉強方法としては、学校に通う場合は、通学スタイル・通信スタイルを選ぶことになります。

また、独学で勉強したいという人も多くいることでしょう。
それぞれのポイントについてみていきます。

衛生管理者の学校に通うメリット

多くの受験生の中から合格を勝ち取るために学校は的を絞った効率的な学習と指導を行っており、衛生管理者の学校に通う最大のメリットです。例えば次のような点で学校を利用することがポイントとなります。

出題傾向の徹底分析

通学の学校LEC(東京リーガルマインド)は、社会保険労務士講座を担当する工藤講師が衛生管理者講座も担当し、関係法令(労働基準法・ 労働安全衛生法)についても、暗記ではなく理解で定着させ、出題可能性の高い事項に特化した講義(Web動画・音声DL・スマホ・DVD)とともに短期間で合格を目指すために工藤講師によるオリジナル教材で合格する力を身につけます。

アウトプットで理解度アップ

独学の難しさは、アウトプットにあるといっても過言ではありません。衛生管理者の学校に通うと勉強スタート時期からインプットに加え、アウトプットトレーニングが行われます。
アウトプットを繰り返すことで、常に自分の理解度のチェックをし、理解度をアップさせることができるのです。

法改正に対応

衛生管理者試験は法律が中心の試験になりますので、法改正に対応することが必要です。大手の衛生管理者の学校で使用するテキストは常に法改正を反映したうえで提供されています。法改正は毎年行われるため、市販の教材では法改正に対応していない可能性があります。さらに、問題集や模試にも法改正が対応した問題が用意されています。
※市販のテキストに「最新」と書いてあることがありますが、試験直前の改正まで出題範囲です。

講師

初学者でもわかりすく経験豊富な講師との出会いが法律の理解へとつながります。

テキスト

大手学校では、毎年改訂された最新情報が掲載されたテキストや問題集が手に入ります。

重要項目を網羅した直前対策で最新の出題範囲をしっかり学習できます。

独学による衛生管理者の勉強方法

衛生管理者の試験は独学による勉強方法で行う人も多くいます。
ただし、衛生管理者試験の試験傾向などは市販の教材から自分で判断するのは難しいかもしれません。

独学の勉強方法で合格する方法

独学で勉強したい人におすすめなのは、大手専門学校を部分的にでも利用することです。
独学による衛生管理者試験の勉強を考えている人の大部分は受講費用の問題です。
それらを解決できるのが、通信教育講座に特化した「アガルート」のテキスト・映像を利用することです。最新の試験範囲が網羅できているばかりでなく、衛生管理者の勉強における重要度別強弱や勉強のペース配分などがわかります。しかも、教室や講師をたくさん抱えていない分受講費用が、かなり抑えられています。

独学におすすめのテキスト

受験予備校の最新のテキスト類を入手することがおすすめです。

衛生管理者の学校の評判・口コミ

衛生管理者の学校を利用した方の評判・口コミの一部を抜粋してご紹介します。
(アガルート編)
①受講されていたカリキュラム:衛生管理者試験/第一種対策講座
②目指した理由・契機:製造業の総務人事の仕事をしているため,必要となったからです。衛生委員会も開催しており,資格が必須でした。
③アガルートアカデミーの講座を受講しようと思ったきっかけ:社会保険労務士の講座で合格できたので,信頼がありました。
④合格体験記・学習上の工夫:受験の約2ヵ月前から勉強を開始しました。毎日反復学習をすることが大切ですので,浅く広く勉強するように心がけて取り組みました。
⑤総合講義の感想・ご利用方法:1コマが短く,隙間時間を利用して受講できたことはよかったです。
⑥過去問のご感想・ご利用方法:過去問から類似の問題がでておりましたので,役に立ちました。解説も詳細であり,よかったです。
⑦目指す方へのメッセージ:短期集中で合格できる資格です。やるときはやると決めて取り組めれば,必ず合格できます。頑張ってください。

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

下記に衛生管理者試験の学校の一覧をまとめています。各ページからパンフレットの無料請求受講相談体験受講体験受講等ができます。

期間限定割引等の案内が出ていることがありますので、公式サイトから申し込みましょう!
公式サイトは各リンク先のTOPページでご確認ください。

オンラインWeb通信教育・独学におすすめの学校

  1. アガルート<衛生管理者>
  2. ユーキャン<衛生管理者>

通学におすすめの学校

  1. LEC<衛生管理者>

※パンフレットを請求する場合は、期間限定割引情報クーポンなどが掲載されていることがありますので、必ず最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)キャンペーン期間中は上記公式サイトで「料金・お申込み」をクリックすると、割引情報やクーポンが表示・案内されます。割引情報がゲットできる公式ページを必ずご確認ください!

通学の学校・予備校(専門学校)の開講場所

社会人や学生におすすめの通学の学校の校舎一覧です。

資格オンラインについて

「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。難関試験といわれる士業の資格取得までの勉強の経験、独立開業に至るまでの経験などを踏まえて資格試験の情報を提供しています。 「資格試験サイト」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、「就職・転職サイト」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様の試験に合格し、希望の仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

学校の選び方

2021年(令和3年)・2022年(令和4年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

 

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

 

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2021年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが終息することをお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる