知らなきゃ損!!通学講座も通信講座も授業料が安くなる方法 詳細はこちら >>

住民税

資格の勉強をする写真
目次

住民税の特徴

住民税は、法人や個人の所得に対して課される地方税です。都道府県や市区町村が行う行政サービスにかかる諸経費を住民に負担させる税金です。
住民税と事業税はどちらかしか選べません。

住民税の攻略法

試験は、理論と計算にわかれて出題されます。

住民税の理論・計算

理論は、住民税の規定が出題されます。住民税独自の規定のほか、所得税との相違について問われることがあります。ボリュームは非常に少なく、数年ごとに似た問題が出題されています。したがって、受験予備校の答練からそのまま出題されることがほとんどです。

計算は、税額の計算が出題されます。
個人住民税に関する出題が中心となっており、改正項目が頻繁に出題されるため、改正に対処することが合否の決め手となります。
内容は、過去に出題されたものに改正内容を加えた出題がほとんどで難易度は高くありませんが、ボリュームは近年増加しています。

個人住民税は原則として前年課税主義を採っており、また、所得税法の規定によっているため、改正内容が所得税法の試験と1年ズレるため、同時学習の場合は注意が必要です。(例えば、令和元年の所得税における所得は令和2年度の住民税の所得となります。)

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
  2. 資格の大原の直前対策講座

カテゴリー

学校の選び方

2022年(令和4年)・2023年(令和5年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」など低価格帯の通信講座を一部取り入れるなど有効利用することがおすすめです。

(例)①フォーサイトの単科講座で苦手分野だけ受講。②模擬試験のみの利用。③直前対策のみ受講。

上記の学校は、オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2022年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが収束することをお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。コンサルタントの”Nishi”です。コンサルタントである私自身が「税理士試験」など難関試験といわれる資格試験に合格しています。合格するまでの体験をもとに、おすすめの勉強方法・学校の選択・独立開業に至るまでの経験などを踏まえて、スタッフとともに比較・検討しながらランキング形式で情報提供を行っています。

 また、「資格オンライン」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、姉妹サイトである「就職オンライン」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様が無事試験に合格し、また、希望のお仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

目次