税理士の仕事

税理士がどんな仕事をしているかご存知の方がどれくらいいるでしょうか。
実際に税理士と顧問契約を結んで仕事を依頼している人ならある程度ご存知でしょう。
しかし、まだ税理士に仕事を頼んだことがない人、これから頼もうとしている人は、いったいどんな仕事をいくらでやってくれるか不安ではないでしょうか?
突然飛び込みで税理士事務所に行く勇気のある方は少ないかと思われます。

一般的な税理士の仕事のイメージ

税理士に仕事を頼んだことがない人のイメージは、おそらく会社の経理を代行してくれる人、税金の計算をしてくれる人
・・・だいたいこのようなイメージでしょう。

税理士法による税理士の仕事

税理士でないとできない仕事というのは税理士法に定められている。
税理士は税の専門家であって、記帳代行(経理代行)は付随業務ということになっている。

税理士法第2条1項によると、

   税務代理
   税務書類の作成
   税務相談

さらに、税理士法第2条2項によると、
「税理士は、第1項に規定する業務のほか、税理士の名称を用いて、他人の求めに応じ、税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事業を業として行うことができる」