相続税法

 相続税法は税理士試験においても実務においても人気があります。
 また、相続税法を合格していることは資産税に強い、力を入れている税理士事務所への就職、転職が有利になると思われます。

 しかし、税理士試験の最後の科目に選択する人も多くハイレベルな戦いになっています。

 人の死亡により承継された財産について課される税金について定めた相続税法及びその関連法令について学習します。
 相続税法において、相続税及び贈与税の規定が存在するため、贈与税の学習も必要です。(贈与税法という法律は存在しません。)

相続税法の攻略法

 相続税法の試験は理論と計算に分けて出題されます。
 簿記の知識を必要としない試験の一つです。

 理論と計算は密接に関係していますので、並行して学習することで効率的に定着が図れます。
 本試験においては、応用論点が出題されることもありますが、確実に得点すべきは学校で学習するような基本論点です。演習・答練を繰り返すことで、本試験において優先して解くべき問題が取捨選択できるようにしましょう。

相続税法の理論

 理論は事例をもとにした申告手続きが中心となりますが、複数の規定からなる総合問題が出題されます。
 しかし、難易度は高くありませんが、改正論点を絡めた問題が出題されやすい傾向にあります。
 したがって、学校の理論集をしっかり暗記し、直前期に改正論点を確認し、演習・答練を受けることで本試験対策が可能です。

相続税法の計算

 計算は相続が発生した場合に納付すべき相続税額を求める総合問題が出題されています。
 内容は宅地等、取引相場のない株式評価を中心とした財産評価が問われる傾向にあります。
 多くの資料が与えられるため、財産評価に関する多くの論点を覚え、整理する力が必要とされます。

直前期の攻略法

  1. TACの直前対策講座
    相続税法(TAC直前対策講座)
  2. 資格の大原の直前対策講座