相続税法

相続税法は税理士試験においても実務においても人気があります。
また、相続税法を合格していることは資産税に強い、力を入れている税理士事務所への就職、転職が有利になると思われます。

しかし、税理士試験の最後の科目に選択する人も多くハイレベルな戦いになっています。

人の死亡により承継された財産について課される税金について定めた相続税法という法律について学習します。

相続税法の攻略法

相続税法の試験は理論と計算に分けて出題されます。
簿記の知識を必要としない試験の一つです。

相続税法の理論

理論は事例をもとにした申告手続きが中心となりますが、複数の規定からなる総合問題が出題されます。

相続税法の計算

計算は相続が発生した場合に納付すべき相続税額を求める総合問題が出題されています。内容は財産評価が中心となります。
多くの資料が与えられるため、財産評価に関する多くの論点を覚え、整理する力が必要とされます。