宅建登録実務講習とは?

 宅地建物取引士の合格者が資格登録を受けるためには、「宅地建物の取引に関する2年以上の実務経験」が必要となります。
 宅建登録実務講習は、宅建士試験合格者で宅建業の実務経験が2年に満たない方が資格登録をする場合、この講習を受講・終了することにより「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引業法第18条第1項に規定する宅地建物取引士(宅建士)資格登録要件を満たすことができる、というものです。

宅地建物取引士の資格登録について

 宅建士試験合格後に、資格登録を受けるかどうかは任意となりますが、宅建士試験合格・資格登録の効力は一生有効になります。資格登録を受けることで、宅地建物取引士証の交付申請をすることができます。