労働者災害補償保険法

 労働者災害補償保険法社会保険労務士試験の科目の一つで、仕事や通勤に関するけがや病気、死亡についての治療費、働けない間の賃金や遺族に関する補償について定めた法律です。

 労働者の仕事中の災害や、仕事が原因となった疾病(業務上災害)、通勤途上の災害(通勤災害)に対し、医療サービスや現金支給による補償を規定した法律です。

 また、障害を負った労働者や一家の主を失った遺族などにも数々の保険給付を用意し、これらの者が安心して生活していけるように規定しており、同時に保険給付の補填としての社会復帰促進等事業なども行われ、今日に至っています。

労働者災害補償保険法の攻略方法

 過去には、保険給付の出題が中心となっています。
 給付通則からの出題も多くみられます。