会社設立

 世の中に無数に存在している会社は、その設立の登記をすることによって初めて会社と認められ、活動することが可能になります。また、商取引の安全を図るため、その名前(商号)や住所(本店)、役員など一定事項の登記が必要です。
 商業登記により、一般の人に公示することで、会社を巡る取引の安全を実現する制度です。

商業登記

 設立後に資本金を増加したり、本店を異動したり、役員を変更したりとその後の変更に対しても登記が必要です。このような商業登記の手続きを代理することも司法書士の業務です。
 また、設立時に顧客からの相談により定款を作成したり、アドバイスをしたり、設立登記に限らず必要とされるのが司法書士です。