小学生向けの中学受験におすすめの塾・家庭教師情報

 当サイトの中学受験のための塾選び・比較ランキングを発表!

中学受験をする理由・メリットとは?

 小学生にとって中学受験は、高校受験と比較して必ず誰もが通る道ではありません。しかし、全国平均約10%弱もの小学生が毎年中学受験に臨んでいるのは事実です。決して少ない数字ではありません。
 では、費用をかけてまで、あえてしなくてもいい中学受験をする小学生がいて、それを応援しバックアップする親がいるのでしょうか?
 現在、首都圏、関西圏では約10%~15%もの中学生が受験を経験し、私立または国立の中学校に通っています。やはり、それにはいくつかの共通した理由・メリットがあると考えられます。

中学受験の理由・メリットランキング

 子供に中学受験をさせようと考えている方が多くいるかと思われます。
 子供の将来を考えた場合に中学から私立で学ばせようとする選択は何も間違っていません。公立は勉強ができない子にも配慮して授業を進めていかなければいけませんが、私立は一定のレベルに達した子が集まっているので、レベルの高い教育を受けられるメリットがあります。他にも教員の質やセキュリティ、設備が充実しているなど多くのメリットがあります。

  1. 将来の大学受験・就職に向けて
     将来希望する大学に合格させてあげたい。将来就ける職業の選択肢を増やしてあげたい。
     中学受験をしない場合は、義務教育終了の中学卒業を一つの区切りと考えて、高校進学のため受験をします。
     しかし、中学と高校の3年間ずつを分けて考えるのではなく、中高一貫校に通わせることにメリットがあると気づいた親が増えてきていると言えます。
     両親の両方が、またはどちらかが中学受験を経験し、自分の体験を元に子供にも受けさせたいと考える方もいますし、自分は受験しなかったので子供には経験させてあげたいと考える方もいます。
     中高一貫校になりますと6年間を同じ学校で学ぶことになります。そうすることで、目標とする大学受験までのカリキュラムが組みやすくなります。中高一貫校では中学校の授業内容を2年間で終了し、大学受験に必要な高校の学習内容を4年間もかけてしっかりと勉強する学校もあります。
     同じ大学を目指すのでしたら中高一貫校はおすすめで、有利になる点が多いでしょう。予備校などの費用等を考えるとかえって安く抑えることができる場合もあります。
  2. 勉強の仕方
     小学生のころから受験勉強を経験することで、勉強の仕方が身に付き、楽しさが解るようにしてあげたい。
     勉強が嫌い、苦手と幼いころに1度でも心に刻んでしまっては、大きくなってからそれを好き、得意に変えるのはとても困難なことです。
     何もなく勉強が嫌いになったり、苦手になったりすることはないはずです。勉強が嫌いになり、苦手になるには、そうなるべき経験があったからなのです。
     テストが解けなかった、点数が悪かった、間違って恥をかいてしまった等、人それぞれですが、その記憶がマイナスイメージを勉強に付けてしまうのです。
     では逆に、子供の時に勉強に楽しいイメージを付けてあげることができれば、自ら進んで勉強できるようになり、大人になっても知識を増やすことが自然とできるようになるでしょう。
     ここで大切なことは詰め込み教育ではなく、勉強の仕方と知ることの楽しみを実感させてあげることです。
  3. 成功体験・達成感
     成功体験を作ってあげる。達成感を味合わせてあげる。
    将来の大きな目標を掲げても、それは遠すぎて今何をすべきか、どれぐらいのペースで勉強するといいのか解らず不安になることがあります。
    最終目標は大きくて良いのですが、子供の頃に子供にもわかる現時点での目標を作ってあげることが必要です。
     勉強は毎日のことですので、やはり明確な目標が見えないと心が折れてしまうことがあります。そうならないためにも、頑張ったら届く目標をいくつも作り1つずつクリアーしていく事の難しさ、クリアーした時の達成感を子供のころから経験させてあげることが必要で、心も成長していくのでおすすめです。
     始めは小さな成功体験かも知れませんが、その体験が徐々に大きな成功へとつながるのです。

中学受験とは

 中学受験は私立の中学の受験をするために小学校では習わないような特殊な勉強をする必要があります。
 義務教育である中学を、個人の自由で受験するわけですので、小学校ではその受験に対する勉強は基本的には教えてはくれません。

 私立中学の入試に対応できる学力をつけるためには、専門の塾に入塾してそのカリキュラムの中で学習していく必要があります。多くの塾では3年間のカリキュラムを組み受験に備えていきます。
 最初の1年は基礎的な内容、2年目には応用力、発展力をつける、そして最終の1年でそれぞれの中学の入試の問題の特色に合わせた対応力をつけていくというような方法です。

中学受験の塾の種類

 中学受験に対応する専門塾には様々な種類がありますが、大きく分けて2つの形式があります。

  1. 大勢で授業を受ける形式
  2. 個別で学習する形式

塾選びのおすすめポイント

 どちらにもメリット、デメリットがあるので子どもの性格や希望する形式を選ぶことが大切です。選ぶ際に共通しておすすめできるポイントというのは、情報量の多さと実績です。各私立中学によって問題の出し方は様々です。その特色をつかみ、それに対応できる学力をつけていくためには塾としてそのあたりを熟知してあることが大切です。
 また、実績が多いということはそれだけの学力の伸びをサポートしてきたということと、そのノウハウを持っているということになります。そして、入試問題だけでなく、それぞれの中学の特色、教育方針、進学率などの情報も持っている所がすすめです。
 せっかく入学してもその家庭の思いや方針とはまるで違っていた、子どもがその学校のシステムに合わないなどとなっては困ります。偏差値や入試問題を研究することと同じくらい、その中学の特色を知っておく必要があるのです。
 そういった情報がある塾は、保護者の相談などにもきちんとした対応ができます。中学受験は子ども本人の頑張りのみならず、保護者のサポート力、塾との連携によって合格をつかめるものです。ですから、合格に向けた塾選びはとても大切な事項になるのです。

中学受験のための塾にかかる費用

 高校受験や大学受験などと比較すると、最も費用が高額になるのが中学受験です。中学受験の中でも塾にかかる費用が最も多いと言われていますが、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。
 まず私立中学の入学試験は、小学校6年生の1月と2月に行われるのが一般的です。この中学受験を目指して、小学校3年生の2月に始まる小4クラスから3年間塾に通う生徒が一番多く見られます。

中学受験のための具体的な塾の費用

 それでは総額でいくらぐらいの費用を用意しておけばよいのでしょうか。
 塾にかかる費用は、様々なものにかかってくるので、総額が分かりにくくなっています。内訳として次のようなものが考えられます。

  1. 授業料
  2. 教材費
  3. テスト代
  4. 模試
  5. 対策講座
  6. 季節講習(夏期講習・冬期講習・春期講習)

 様々な塾があるので、場所によっても異なりますが、基本授業と塾のすすめる講習を受講した標準的な通い方をした場合の例として、だいた3年間で約215万円ほどとなっています。
 内訳としては、小学校4年生で約45万円、小学校5年生で約65万円、小学校6年生になると、その額は一気に高額になり約105万円ほどとなります。小学校6年生の時には、これに加え、中学校に支払う受験費用や、その他の諸費用なども加わり、230万円ほど必要となります。

塾のオプション費用

 学年があがるにつれて高額になるのは、塾に通う日数が増えるのはもちろんですが、一番の違いはオプションによるものと言えます。
 受験直前にもなると、志望校に合わせた対策講座や、夏休みや冬休みなどの季節講習が増えてきます。この傾向は、大手の塾であっても同じような傾向であるといえますが、場所によって比較した場合、30万円ほどの開きがある場合もあります。
 超難関校に強いと言われている塾に通う場合には、小学校4年生からはかなり厳しいカリキュラムになってきます。教材の量も多くなり、授業時間も長く、オプションの数も豊富です。夏休みには10万円近くかかる夏期合宿が行われるところもあり、必然的に費用は上がっていきます。しかし合格実績をみると、それだけの価値があると判断し、参加する人も多くいるのです。

中学受験対策

 中学受験を成功させるには塾で対策を講じる必要があります。
 独学はかなりハードルが高いので、あまり良い選択ではないと言えます。そこで、塾はどういうポイントを比較して選ぶべきかについて見ていきます。

中学受験対策No.1-集団授業か個別授業か

 集団授業か個別授業かという点を挙げることができます。
 学習効率が高いのは間違いなく個別授業になります。分からないことがあればすぐに質問して解決することができるので、分からない問題をそのままにしておくことを防ぐことができます。

中学受験対策No.2-講師の質

 また、講師の質も比較する際に重視するべきです。講師はあまり差がないと考えている方がいるようですが、それは間違った認識だと言わざるを得ません。
 講師の質が悪い塾を選んでしまうと、なかなか理解できない問題が生じてしまうので気をつけてください。周りで利用している人の意見やネットの口コミ等を参考にして、分かりやすく教えてくれる講師がいるところを選ぶようにしてください。

中学受験対策No.3-サポート体制

 サポートがしっかりしている点も大事です。
 成績が上がらない時に相談することができたり、面接対策を行ってくれる、適切なアドバイスをしてもらえる等、サポートが充実しているかについてもチェックして選ぶべきです。
 中学受験対策の塾も結構な額がかかってしまいますが、費用を少しでも安く抑えようとするべきではありません。費用を抑えるよりも中学受験に成功することの方が大事です。塾にかかる費用は子供の将来に対する投資と捉えて許容してください。

中学受験生の勉強時間

 小学生になると、勉強が急に難しくなったり、ある日急に勉強についていけなくなったりと、一度勉強につまずいてしまうと取り戻すに大変苦労します。
 親が見てあげるのも良いのですが、お互い冷静に話せなかったり、子供側も甘えが出てしまったりと、何かと問題はあります。しかし、成績を上げる為にも自宅でゆっくり勉強する時間をとりたい、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

小学生におすすめの家庭教師

 家庭にいながらしっかりと勉強時間をとりたい方におすすめなのが家庭教師です。家庭教師にお願いする勉強法とは、個別に一人一人勉強を見てくれる先生が自宅に来て、決まった時間一緒に勉強を進めていくことです。

家庭教師にたのむメリット・デメリット

 家庭教師のメリットやおすすめ出来るところは様々あります。一方でデメリットがあるのでは?と不安にお考えの方も多いでしょう。

1.勉強の癖をつける!

 自宅で勉強をするというくせがついたり、ゆったりとした気持ちでストレスなく勉強することが出来ることです。決まった時間、先生の一対一で勉強をすることが出来ますので、何より勉強が身に付く方法となるのではないでしょうか。

2.お茶出しの不安!

 毎回お茶やケーキをお出ししなくてはいけないのかという経済的な不安や、性格の合わない先生だった場合の対処法はどうすれば良いのかという精神的な不安などがありますが、その点はご安心下さい。
 一昔前はそのような不安点がありましたが、今は違います。毎回お茶を出さなくても良いですし、気の合わない先生だった場合はチェンジすることも出来るのです。

3.自宅以外での勉強

 子供の部屋に先生を入れるのが不安でしたら、勉強する場所を自宅以外の公共施設に変更することも可能です。目標に達成するまでしっかりと小学生の勉強へのモチベーションを上げてくれますので、勉強が楽しく感じられる方法を教えてくれるのです。

4.先生の質

 アルバイト感覚で対応する先生ではなく、しっかりとした管理体制のもとに小学生の指導を行っていて、信頼できる家庭教師がおすすめです。
 実際に選ぶ際には、ホームページをよくご覧になり、自分の子供に合っているのかどうか、本人と話し合いながら決めてみてはいかがでしょうか。

小学生の家庭教師費用

家庭教師を依頼するうえで、最も気になってくるのが小学生の家庭教師の費用と言えます。
できるだけ費用を抑えたいという気持ちがあるものの、安い家庭教師を選ぶことはリスクも大きいということになるので、注意しなければなりません。
教え方が上手で、子供の成績もあがり中学受験に評判のよい家庭教師の場合には、高額な時給であっても生徒が集まってくるため時給が下がることはないでしょう。
反対になかなか生徒を持つことができないという家庭教師は、時給を下げてでも生徒を獲得しようとします。つまり安い時給で生徒を募集している小学生の家庭教師は、中学受験指導の経験がないなど注意が必要であるといえます。

小学生の家庭教師費用の比較

小学生の家庭教師の費用を比較すると、個人契約の場合であれば、大学生の場合には安く、経験豊富なプロになると高くなる傾向にあります。
そして、地方と比較して首都圏の方が小学生の家庭教師費用は高い傾向にあります。
一般的には個人契約と比較して派遣会社を通した方がその費用は高くなります。
しかし、家庭教師の費用が安いからという理由だけで個人契約をすると、あとでトラブルになる可能性も考えられます。個人契約の場合には、辞めたいと感じても決断することができずに、そのまま引きずってしまいがちです。

小学生の家庭教師費用の相場

費用の相場としては、中学受験をしない小学生の場合には、1時間当たり1500円から2000円、中学受験を行う小学生の場合には、1時間当たり3000円から6000円ほどとなっています。

家庭教師の派遣会社の評判

そこで派遣会社を通して家庭教師を選ぶと良いでしょう。近年では塾に通うのと同じくらいの価格で派遣している会社もあります。
そのためなるべく予算を抑えたいという人にも、利用しやすくなっているのです。派遣会社を利用した人の中には、個人契約で失敗したからという人が多く見られます。
成績も全く伸びないのに、1年以上同じ人を続けていたというケースも多くみられるのです。
派遣会社を通すことで、もしも成績が伸びない場合には、先生の交換をしてもらうなど、早めに対策をとることができるのです。

小学生の学ぶ気力

 小学生の間に、学校の授業についていくことが出来なくなってしまえば、この先もついて行けなくなる可能性が高くなります。
 一度わからないところが出来てしまうと、勉強すること自体が嫌になってしまいますので、学ぶ気力を失ってしまうことになるのです。
 苦手をなくすためには、常にわからないところはそのままにすることなく、理解できるまで学ぶようにし、次の授業について行けるようにしなくてはなりません。

塾と家庭教師の比較

塾と家庭教師を比較した場合には、どちらの方が子供のためになるでしょうか。
塾の場合であれば通っていく時間が必要ですので、その分勉強する時間が減ってしまうことになります。

勉強時間の比較

 少しでも長く勉強をしたいのであれば、勉強時間を確保できる方を選んだ方がいいでしょう。
 授業時間は塾の方が長くなります。
 講師との時間を選ぶと家庭教師の方が長くなります。

家庭教師を講師の質で選ぶ!

 家庭教師を選ぶ場合にも比較をしなくてはなりません。
講師の質によっては同じ時間教えてもらっても身につくかどうかが変わってきます。
最近では保護者からのクレームを恐れて、あまりスパルタで教える講師も少なくなりましたが、中にはそういった講師もいるでしょう。
 その子供によっては、スパルタにされることによって伸びる子供もいますが、まだ小学生であれば、スパルタで教えられることによって、力を発揮できなくなる子供もいます。
 褒めてくれることによって伸びる子供なのであれば、ほめ上手の講師を選ぶようにしなくてはなりません。

小学生のやる気を引き出す講師!

 ただ教え方がうまいだけではなく、褒めることも上手なのであれば、子供のやる気を引き出すことが出来るからです。
 そして親しみやすさがある講師を選ぶようにしたほうがいいでしょう。
親しみやすさがなければ、教えてもらう間ずっと緊張をした状態で受けなくてはなりません。
 質問をしやすい雰囲気があるとか、笑顔があるかどうかも勉強をするときには大切になります。
 子供がリラックスして授業を受けることが出来る家庭教師でなければ、自宅まで来てもらう意味がありませんので、どんな人がいいか比較してみましょう。